« Gleneagles Gleann na h-Eaglais | トップページ | 爆弾テロ(2) »

2005年7月10日 (日)

Gàidhlig ann am bàr (2)

さて、パブでビールも注文できたし、一杯やっていると地元の方が話しかけてきます。こんなシチュエーションもあるかもしれませんね。

1)ハロー どこからきたの?
  Hallo. Cò às a tha sibh?
  ハロー コ アス ア ハー シヴ
2)私たち(わたし)は日本からきました。
  Tha sinn (mi) às an t-Seapan.
  ハー シン(ミー)アス アン ツァーパン
3)スコットランドのことは好き?
  An toil leibh Alba?
  アン トレイヴ アルパ(注:アルバではない)
4)はい好きです。
  'S toil.
  ストル。
5)わたしの名前は、Seumas MacLòeid. あなたの名前は?
  Is mise Seumas MacLòeid. Dè 'n t-ainm a tha oirbh?
  イス ミシェ シェイマス マクローチ. ジェーン テインマ ハ オィルヴ.
6)わたしの名前は、ペンゴ ナンバ です。ご機嫌いかがですか?
  Is mise Pengo Nanba. Ciamar a tha sibh, a Sheumais?
  イス ミシェ ペンゴ ナンバ. キマラ ハー シブ、ア ヘイミッシュ。
7)元気ですよ。ありがとう。あなたは元気なの、ペンゴ?
  Tha gu math. Tapadh leibh. Ciamar a tha sibh fhèan, a Phengo?
  ハーグマ ターペ レイヴ。 キマラ ハー シヴ ヒーン、ア フェンゴ?
8)元気です。ありがとう。こっちは妻のpen妻です。
  Tha gu math. Tapadh leibh. Seo Pentsuma, mo bhean.
  ハーグマ ターペ レイヴ。 ショ ペンツマ、モ ヴェーン。
9)こんにちは。わたしはpen妻です。
  Feasgar math. Is mise Pentsuma.
  フェスカ マー。 イス ミシェ ペンツマ。
10)今日はさむいですね。
  Tha e fuar an-diugh.
  ハーエ フア ァンジュ
11)本当ですね~ もしくは すごく寒いですね~。
  Tha gu dearbh. もしくは Tha e glè fhuar.
  ハー グ ジャラヴ もしくは ハーエ グレ ウア

となって、会話が続く。もちろんこのあと盛り上がり、Slàinteとやって飲みまくるのはいうまでもない(笑)。

Seumas MacLòeidとPengo and Pentsuma Nanbaはあくまでも架空の登場人物です。pengoやpen妻という名前の日本人はおらんやろというつっこみはなしです。Seumasともども、呼びかけの時のaspirationをうまく使えるために持ち出した名前なのです。pengoさんお許しを。

文法事項については、別途説明します。

|

« Gleneagles Gleann na h-Eaglais | トップページ | 爆弾テロ(2) »

コメント

お久しぶりに来て見たら、記憶に無いのにゲール語を話せるようになっていたPengoです(^^♪

今頃になって聞くな!と言われそうですが実際にゲール語はどれらいの人が話しているのでしょうか?また、場所はやっぱりアイランズの方なんでしょうか?スカイ島では確かに英語とゲール語の両方併記されていましたが実際にこの記事のようなシーンに出くわす可能性はどのくらいあるのかなーと、友情出演した以上は知っておきたいと思いました。

Pengo旅行記はあと一日なんですが最後が書けてません。もうちょっとでとりあえずの日記が終了するので、あとはお酒やゲール語の知識を勉強しましょうねー

投稿: Pengo | 2005年7月11日 (月) 09:08

ゲール語を話す人々は、アウターヘブリディーズ諸島を中心に約5万人と言われ、徐々にその数を減らしているそうです。また、ほとんどが、英語とのバイリンガルなので、ゲール語しか話さないという方は、いないと言ってもいいと思います。そういう意味で、ブログで書いたようなシチュエーションもないだと思います。そうするには、自分からゲール語で話しかけることです。一度、軽い気持ちでTapadh leibh.(ありがとう)とだけゲール語で言ったら、ゲール語で話し返されてちんぷんかんぷんだった苦い経験があります(笑)。

イギリス国外では、新スコットランドという意味のノヴァスコシア州(カナダ)に1000人ぐらいのネイティヴスピーカーがいるそうです。ただし、国外のネイティブスピーカーは減少の一途だそうです。

ただ、国内外で民族意識の高まりを受けて、ゲール語復興運動は盛んです。スコットランドでも、少しもゲール語が話せないのに、B&Bの名前にはゲール語をつけるなんて方々も沢山いますし、pengoさんが書いてくださったように、道路案内などはバイリンガル表記になりました。

投稿: nanba | 2005年7月11日 (月) 12:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88375/4900921

この記事へのトラックバック一覧です: Gàidhlig ann am bàr (2):

« Gleneagles Gleann na h-Eaglais | トップページ | 爆弾テロ(2) »