« 爆弾テロ(1) | トップページ | Gleneagles Gleann na h-Eaglais »

2005年7月 8日 (金)

Gàidhlig ann am bàr (1)

Gàidhlig ann am bàr. ガーリク アンナム バー. パブでのゲール語

こんなときこそ平時と同じように生活しようと思うので、ゲール語講座続けます。今回はタイトルにもあるようにパブで使える表現です。スコットランドでは、パブのことをバーという人々もよくいます。田舎のパブで昼ご飯を食べようと思ったら、Bar Meal という看板を見つけましょう。そこがめざすパブだったりします。

1)ビールを1パイントください。
  Pinnt leann, ma 's e do thoil e.
  ピンチ レアン,マ シェド ホレ

 これは説明不要でしょう(笑)。 Pinnt は英語の pint からきている。leann はビールで、特定の銘柄がほしければ、ここにその銘柄をいれればよい。ma 's e do thoil e は please に相当するフレーズなので、覚えておくと便利。

2)ビールをハーフパイントください。
  Leth-pinnt leann, ma 's e do thoil e.
  レピンチ レアン、 マ シェド ホレ

3)いくらですか?
  Dè a' phris a tha e ?
  ジェ エ フィリシュ ァ ハ エ

  4ポンド25ペンスです。
  Ceithir not(aichean) agus còig sgillinean fichead.
  ケヒア ノット(ノティヒャン) アカス コイク スキリィアン フィヒト

 これもあまり説明がいらないと思う。not は、英語の note からきていて、コインのポンドがなかった時代の名残のはず。sgillin がペンス。数字については、今は解説しない。

4)レアなウイスキーはありますか?
  A bheil uisge-beatha ainneamh agaibh?
  エヴェル ウィスケベーハ エネヴ アガイヴ?

  もしあれば、Tha.(ハー) とか Tha gu dearbh.(ハー グ ジャラヴ)
  なけば     Chan eil. (ハ ニール)
  ありますと言われて、銘柄を聞くとき
   Dè 'n t-ainm a tha air?  (ジェーン テインマ ハ エア)
  この4)の項目は当ブログの特定読者向けです(笑)。

5)乾杯
  Slàinte(スラーンチェ)
  Slàinte mhath(もしくは mhòr).(スラーンチェ・ヴァー、スラーンチェ・ヴォー)
 意味は、”健康” あとは 良いという意味の math や大きなという意味の mòr をつけたもの。Slàinteは女性名詞で、それを修飾する形容詞のうち、語頭がm(b,c,f,pも)の場合はaspiration もしくは lenition と呼ばれる変化を起こす。具体的には、h が挿入されて、m から mh となって発音も m から v という発音に変化する。それゆえ、math(マー)→ mhath(ヴァー) mòr(モー) → mhòr(ヴォー)という変化になる。

|

« 爆弾テロ(1) | トップページ | Gleneagles Gleann na h-Eaglais »

コメント

ma 's e do thoil e.
マ・セ・ト・ホレ

Ceithir not(aichean) agus còig sgillinean fichead.
ケヘル・ノーティヒェン・アガス・スキリニャン・フィヒヤハク

A bheil uisge-beatha ainneamh agaibh?
アヴェル・ウイシュケベーハ・アイニャフ・アキフ

Chan eil
ハン・ニェル

Dè 'n t-ainm a tha air?
ジェ・ン・タニャム・ア・ハ・エル

Radio nan Gaidhealあたりを、聞くと、ゲール語らしい発音が得られるようになります。

投稿: Eilean Eile | 2006年9月25日 (月) 02:39

いろいろご指摘ありがとうございます。
例えば、Everyday Gaelic には
ma 's e do thoil e を
ma sheh daw holl eh と読むというような解説があるのです。

TYGは確かにマセトホレに近い発音をしていますね。やはり今後は、スカイ方言になるように書いた方がいいんですかね。

投稿: nanba | 2006年9月25日 (月) 22:29

Every Day Gaelicはとても良い実用的な参考図書ですが、あれの読みをそのまま使うのは大変危険です。これはOwenも同じです。TYGを聴けば、マセトホレまたはマセィトホィレあたりに聞こえてきますが、これで良いんです。ただ、TYGをやっていればわかると思いますが、本当に発音するときは、母音の発音に十分注意します。たとえば、Macはご存知のとおり、マックやマクではなくマハクです。こういったことは、カタカナ表記でもアルファベット表記でも正確にはできません。結局耳で確かめる、だからRnGなんです。

投稿: Eilean Eile | 2006年9月26日 (火) 01:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88375/4878449

この記事へのトラックバック一覧です: Gàidhlig ann am bàr (1):

« 爆弾テロ(1) | トップページ | Gleneagles Gleann na h-Eaglais »