« 日本サッカーの恩人の一人 | トップページ | ミュージカル レ・ミゼラブル »

2005年12月25日 (日)

クリスマスは手料理で

わたしは、NHK(ちゃんと受信料払ってる!)でやっている今日の料理、グッチ裕三版が好きだったりする。クリスマスイブには彼のレシピをちょっと改造してクリスマスの手料理を作った。どの写真もクリックすると拡大できて、うまそうになります(笑)。
 
1)サラダライス
saladriceサフランライスができたところに、バター、スライスした玉葱、輪切り黒オリーブ、ゆでニンジン細切り、ゆでインゲン、缶詰のかにの身を投入し、すし酢+オリーブ油+白胡椒で作ったドレッシングをかけて、よ~く混ぜて完成。実はクレソンを買っておいたのに入れるのを忘れた(泣)。でもね、写真をみてね、色もきれいでしょ?そして、ばかうまだった。あったかくても、冷めてもうまい。次はクレソンも絶対に入れてやる~。
 
2)アサリのクリームスープ
chawder玉葱、ジャガイモを乱切り、缶詰のホールマッシュルームをバターで炒めて、アサリを投入。口を半分あけたところで、スープを入れて灰汁を取りながらしばし煮る。生クリームを入れたあとで、ちょいとみりんを投入(これがポイント)。最後は白胡椒で味を決める。本当は、これにパイ皮をつけてチャウダーパイにするのだが、今回はオーブンを肉につかったのでここまでで食べた。でもうまいよん。あっ食べるときには、ちょいとパセリをふるったらいいよん。
 
3)豚バラ肉のロースト 焼きトマトをソースに
porkafterporkplate豚バラ肉の塊に、塩・黒胡椒をこれでもかとたっぷりとすり込む。オーブン皿にタイムを多めにしいて、肉をのせる。肉の上にもタイムを載せる。トマトを肉の脇に置いておく。肉とトマトにたっぷりとオリーブオイルをかける。200℃で30分間焼く。できたところで、肉を切って、焼いたトマトをつぶしてソース代わりに肉と一緒に食べる。はぁ~馬鹿ウマ。お肉さんありがとう。写真は、左が焼けた様子と、右が盛りつけた様子。
 これね、ジビエでやってもめちゃうまいと思う。エゾシカとかイノシシとか。ふふっ絶対にやってやるもんね。だれか一緒に食べる?
 
4)ケーキは妻に買ってきてもらった。
cakes近所のケーキ屋さんで、買ってきたもの。このケーキ屋さん、おいしいんですよ。あっ、ひとりで2個食べたわけじゃないよん。ちゃんと妻とわけて食べたからね(笑)。
 
どこが、スコットランド贔屓は聞かないように(笑)。

|

« 日本サッカーの恩人の一人 | トップページ | ミュージカル レ・ミゼラブル »

コメント

このケーキって岡本の山幹沿いのお店に似てるー。
でも最近は神戸のケーキも食べてないからわかんないや。

昨日はベジタブルハギスを食べました。缶詰ですが・・・
でも意外とおいしかったです。次の日に残ったのは食べ切れませんでした。次回モルトを飲むときには食べた見ますねー。

投稿: Pengo | 2005年12月25日 (日) 02:43

このケーキのお店は山手幹線沿いではありますが、灘警察署よりやや西にいったところにある「ミュウミュウ」というお店です。

このメニューの中では、サラダライスとバラ肉の塊のローストがお勧めです。

投稿: nanba | 2005年12月25日 (日) 14:17

nanbaさん、メリークリスマス。
うまそ~。焼きトマト好きなんですが、家では以外と作りません。

やっぱりクリスマスパーティーってイヴでいいんですっけ?なんだか24日にケーキ食べるんだか、25日だったかわからなくなりました。25日の朝にはサンタさんのプレゼントが枕元にあったのは覚えていますが(遠い記憶…)。

投稿: eriko | 2005年12月25日 (日) 14:38

erikoさん めりくーっておそくなった(恥)

うちは、24日に食べていたような、クリスマスケーキ。

焼きトマトは、このロースとしたお肉のソースなのです。こうやって食べてもなかなかおいしいですよ。

投稿: nanba | 2005年12月26日 (月) 07:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88375/7809428

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスは手料理で:

« 日本サッカーの恩人の一人 | トップページ | ミュージカル レ・ミゼラブル »