« 年末年始のスコットランドサッカー予定 | トップページ | ロイ・キーン セルティック加入 »

2005年12月15日 (木)

ゲール語からやってきた英語(2)

このまえ、smashing は、ゲール語の 'S math sin.(That's good.) からきているということを書きました。みなさんもよく知っている Slogan を取り上げます。

日本語では、スローガンと言ってもわかるし、標語などとも訳される Slogan ですが、これは、ハイランドの人々が、”戦場であげるときの声”に由来する単語なのです。sluagh-ghairm がその元になっている言葉です。sluagh は、人々、軍隊などの意味で、スローグに近い発音です。ghairm は、叫び(cry)という意味の gairm(ガーラムに近い発音:このラはとても弱い)の属格(所有格)の形です。これをくっつけて発音すると、スローグ(ラ)ムに近い発音になって、slogan(スローガン)のにたどり着くわけです。戦場で同じようなときの声を上げて戦ったハイランドの軍団が、イングランドの人々に印象に残って、英語に取り込まれていったのでしょう。

いまや、学校や企業で普通に使われるスローガンという言葉も、戦場で軍隊が上げるときの声がその元の意味だったなんて、ちょっと考えてしまいます。

|

« 年末年始のスコットランドサッカー予定 | トップページ | ロイ・キーン セルティック加入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88375/7636990

この記事へのトラックバック一覧です: ゲール語からやってきた英語(2):

« 年末年始のスコットランドサッカー予定 | トップページ | ロイ・キーン セルティック加入 »