« 関空 さらに不便に? | トップページ | そして関空はドラマ用に? »

2006年1月20日 (金)

これが Fishing か?

13年前に作った英国の銀行口座をそのままにしてある。その口座にいつもとは違うIPアドレスからのアクセスがあったが旅行先からでもアクセスしたのか?そうでなければ、不正アクセスの可能性があるので、指定したURLにアクセスして確認してほしい。という趣旨の英文メールがやってきた。

こりゃ大変って思ったけど、そもそもいつものIPアドレスってなんだ?会社からと家から両方からアクセスしたことがあるから違って当たり前だし、そもそもここしばらく口座の様子をみていない(苦笑)。そう思って指定されたURLをよく見ると、どう見ても銀行の口座に関するURLとは思えなかった。

そうか~これが Fishing か~とわかるのに時間はかからなかった。ニュースで取り上げられてはいても、いざ自分にそのメールが届くと、とっさのことでかつお金のことなので、すぐに反応してしまう方もいるのだろう。自分だって危うく指定されたURLにアクセスするところだった。また、日本語のメールだったらもっと早く反応していたかもしれない。気をつけなきゃ。

皆さんも十分に気をつけられますよう。

それにしても、こんなに手の込んだことができるなら、ちゃんと働けばしっかり稼げるだろうに、と思ったのはわたしだけではあるまい。

|

« 関空 さらに不便に? | トップページ | そして関空はドラマ用に? »

コメント

すごいですね。そもそもその口座のある銀行名はあっていたの?もしもそうなら情報が漏れているか偶然当たったか^_^;うちにはまだそういうの来た事ないけど一回くらい面白そうなので来て欲しいなー(^^♪

投稿: Pengo | 2006年1月21日 (土) 00:45

なんでわたしのところにきたのかは、ちと疑問が残りますが、そもそもメールアドレスが会社の古いもの、かつ銀行には知らせていなかったものだったのも怪しいと感じる理由の一つだったのです。

留学先の先生がまめで、研究室に在籍したメンバー同士がすぐに連絡が取れるようにと、メールアドレスを含めて近況をウェブにまとめているんですよ。まぁそんなところからメールアドレスが漏れる→わたしのように、そこから30メートルの距離にある銀行の支店に口座を作る人がほとんどだし。

でも、気をつけましょうね。きっといつか日本語でもくるようになるでしょう。

投稿: nanba | 2006年1月21日 (土) 07:38

サイトを公開していたり、何処かにメールアドレスを登録していたりすると、ジャンクメールが来るように、フィッシング・メールも届くのではないかと思います。
私の所にも普段は郵貯なのですが、旅行の時に開く銀行の名前で来たことがあります(英語)。帰国直後だったのでつい開けましたが、そもそも郵貯やその銀行にアドレスを教えた覚えがないので、入力はしていません。ウィルス・チェックで引っかかって慌てましたが、被害はありません。その時その銀行のサイト(日本語)を開くと、注意があり、英語でメールを送ることはないともありました。
その後も、全く関係のない別の銀行の名前で届いたメール(英語)もあります。またか…で済みます。皆さんも気を付けて下さい。

投稿: taigh's onwer | 2006年1月26日 (木) 00:58

この書き込みをみたあとすぐにfishingとおぼしきメールがやってきました。

以前に参加した国際会議の事務局のセキュリティがあまくて、そこから会社のメールアドレスが漏れたようなのです。でも、いま使っているものより古いメールアドレスだし、そこから漏れたものはすぐにばれます(笑)。

いずれにしても注意するにこしたことはありません。

投稿: nanba | 2006年1月26日 (木) 08:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88375/8247468

この記事へのトラックバック一覧です: これが Fishing か?:

« 関空 さらに不便に? | トップページ | そして関空はドラマ用に? »