« スコットランドの言語に残るゲール語以外の”ケルト”系民族 | トップページ | スコティッシュプレミアリーグ第22節 中村FKでゴール、MOM »

2006年1月14日 (土)

冬のゲール語(1)

今日は冬に関係したゲール語をやります。その2があるのか?とか最近文法をやってないなぁとかいろいろ考えるところはあるものの、わたしのすきなペースで適当にやらさしてもらいやす(笑)。まずは、寒いと風邪に関係してそうなフレーズから。

ゲール語 A bheil thu(sibh) fuar?
読み方  エヴェル ウ(シヴ)フア
日本語  寒いですか?

ゲール語 Nach eil thu(sibh) fuar?
読み方  ナッヒィール ウ(シヴ)フア
日本語  寒くないですか?

ゲール語 Tha e glè fhuar.
読み方  ハーエ グレーウア
日本語  今日はとても寒い。

ゲール語 Tha e nas fhuaire(blàithe) na bha e an-dè.
読み方  ハーエ ナス ウアレ(ブラーエ)ナ ヴァー エ ンジェ
日本語  今日は昨日より寒い(温かい)

ゲール語 Dè chuireas thu(sibh) ort(oirbh)?
読み方  ジェ チューリス ウ(シブ) オシュト(オイルヴ)
日本語  今日は何を着ていくの?

ゲール語 Cuiridh mi orm geansaidh agus còta
読み方  クーリー ミ オルム ゲンサィ アカス コータ
日本語  セーターとコートを着る。

ゲール語 Tha(Bha) fuachd agam.
読み方  ハー(ヴァー)フハァク アカム
日本語  わたしは風邪をひいてます(ていた)

ゲール語 Tha fuachd aice(aige).
読み方  ハー フハク エヒェ(エケ)
日本語  彼女(彼)は、風邪をひいています。

ゲール語 An robh fuachd agad(agaibh)?
読み方  アン ロー フアク アガート(アガイヴ)?
日本語  風邪をひいていたんですか?

|

« スコットランドの言語に残るゲール語以外の”ケルト”系民族 | トップページ | スコティッシュプレミアリーグ第22節 中村FKでゴール、MOM »

コメント

その2、期待しています。

冬(Geamhradh)って言う単語自身も欲しい所です。個人的にはChi Mi'n Geamhradh/I See Winterという歌がとっても好きです。Skye島で暗くて沈んだ冬の到来からヒントを得て作られたみたいです。

投稿: taigh's onwer | 2006年1月15日 (日) 18:01

どもです。

その2は、すっげ~さみ~とかをやろうかなと思ってます(笑)。

Chi Mi'n Geamhradh.は、Chiが見るという意味の faic, faicinn の未来形、mi は自分、'nの部分は定冠詞の an,Geamhradhはもちろん冬という意味の男性名詞ですね。ということは英語では、
I will see the winter.
となるかと思います。なんで、英語の方は、I see winter.と簡単になっているのが気になるところです。

投稿: nanba | 2006年1月15日 (日) 18:47

歌詞を書いた本人達の英訳でそうなっているので、そのまま書いています。彼等はSkye/North Uistの出身で、ネイティブ・スピーカーです。歌の意図する所があると思われます。

投稿: taigh's onwer | 2006年1月15日 (日) 23:28

英語では定冠詞をつけないときでも、ゲール語ではつける場合があります。それが季節だったりします。特定の冬という意味じゃなくて、一般的な冬って意味の歌なんですよね?

また、英語でさようならというときの see you は、現在形を使いますが、ゲール語では、Chi mi thu. と未来形を使うので、それとおんなじような使い方なの?

とこの二つが気になっていたんですよ。

英訳が間違っていると言いたかったわけではなくて、そういう英訳になっている理由が知りたかったんです。

投稿: nanba | 2006年1月16日 (月) 07:00

ウーン、私もちょっと言葉が足りなかったようです。
ネーティブ・スピーカーの人達が使う微妙なニュアンスでは?と思ったのです。英訳は彼等の意図する所で書かれていますから、そのあたりのニュアンスが微妙に出てきているようです。
それで今ちょっと別の辞書で調べてみると、未来形と習慣的な現在形でChi miが使われ、対応する英語はI will seeまたはI seeとなる、と言うことです。この一連の語形変化を見ていると、とてもついていけません。abair(say)から始まって、10個以上も代表的なものが載っていました。

歌の方は特にいつの冬とは言っていませんが、”風に冬の兆しを見ている…”という歌い出しで始まって、友達(あるいは恋人)と過ごした日々の回想を歌っています。

投稿: taigh's onwer | 2006年1月16日 (月) 18:27

たぶんその歌詞にたどりついたと思います。

http://www.inlyrics.com/lyrics/C/Celtic%20Folk/5424.html

http://members.aol.com/minoritas/chi.htm

全体をみたら、Chi Mi'n Geamhradh.の文法はほぼ納得できます。英語がないほうが、この部分についてはわかりやすいです。いま風を受けながら、もうすぐ冬が来そうなことを感じているってことですよね。そして、恋人を思い出す。。。。。。
わたしには、友人ではなく恋人が、”わたし”に冬をおいて都会に去ってしまったように感じました。

それと二つのサイトで微妙に英訳が違っているのも面白いと感じました。下側の方がわたしが知っているゲール語-英語に近いかなと思います。

まぁ”詩”なのですから、がちがちの文法通りではないのでしょう。

faic(語幹)→faicinn(現在形)→chunnaic(過去形)→ chi(未来形) を覚えたら、未来形を全部使うには、、chi の否定形 chan fhaic、疑問形 am faic まで覚えないといけないんですよ~。

投稿: nanba | 2006年1月16日 (月) 22:38

私が見ている英訳は彼等のソングブックに載っているもので、サイトの英訳とは厳密にはどちらも違っています。大まかには余り変わりないようですが。

彼等のバック・ボーンを考えると、恋愛感情でないラブソングとも見て取れるので、相手が友人や家族と言うことも言えるのです。特に最後のフレーズは家族やその友人達の団らんの光景が思い浮かびます。

投稿: taigh's onwer | 2006年1月17日 (火) 11:53

ラブソングではないって感じなのですか~。微妙に納得できない部分があったりします。

ついでに教えてください。下記の部分はなんて英訳してます?

'S iomadh oidhch 'a rinn sinn suiridhe
'S iomadh oidhch 'a rinn sinn gair
'S iomadh oidhch 'a bhithinn a' smuaintinn
Gum bitheadh tu comhla rium gu brah

suiridhe は恋人達に使うような表現ではないのかと思っていたのですが。

投稿: nanba | 2006年1月17日 (火) 16:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88375/8168405

この記事へのトラックバック一覧です: 冬のゲール語(1):

« スコットランドの言語に残るゲール語以外の”ケルト”系民族 | トップページ | スコティッシュプレミアリーグ第22節 中村FKでゴール、MOM »