« 検索ワードランキング(2月13~19日) | トップページ | アードモア Ardmore »

2006年2月22日 (水)

アードベッグ Ardbeg

これも地名、蒸留所名でかつウイスキーのブランド名である。あまり議論をしなくても正しい解釈にたどりつくと思っていた。多くの解説本も正しい解釈をしていると思っていた。でも、調べてみるとちゃんと議論のネタがあった。

1)小さな丘 Ard beag(個人的にはこの意味なら Airde bheag だと思うのだが)
2)小さな突き出た土地=小さな岬 (An) Aird bheag

Ardbeg のうち beg の解釈は beag または bheag で問題がなく、Ard が高台(Airde)なのかArdbeag 突き出た土地(Aird)なのかが固まらない。ただし、ard はゲール語で高いという意味の形容詞であって、名詞で使われることはまれと思う。形容詞だけ二つならんだ地名は考えにくいから、PeatFreak のサイトでは、これをやや強引に男性名詞扱いして height と決めている。 height なら airde とつづる女性名詞にならなければおかしいと思うんだが。そうなると、beag が bheag と変化して、Airde bheag と書かれるはず(地図はクリックすると拡大する)。

もうひとつの突き出た土地(岬みたいなものね)という意味だと、aird という女性名詞がある。これは、方位磁石の指す方向とか、方位磁石の先っちょという意味でもある。女性名詞なので、同じく beag が bheag と変化する。

どっちかわかんないね~と思ったので、地図で検索してみた。http://www.multimap.com/で、国で Great Briatin & NI を選択し、GB postcode or place に ardbeg と入れる。すると、ビュート(Bute)地域の2カ所といま検討しているアイラ島の Ardbeg がでてくる。これらがどんな地形についている名前かをみてみると、いずれもちょっと出っ張ったところについている地名だった。
ardbeg さらに、わかりやすいのはゲール語つづりそのままで、Aird Bheagで検索をかけると、ハリス島には Aird Bheag と Aird Mhor があることがわかった。並んでいる岬で、片方は小さい岬で、片方は大きい岬(そのままやんけ~と言いたくなるような地形である)である(地図はクリックすると拡大する)。

アイラ島の ardbeg も小さな岬がある土地であるのが、地図を見てもらえるとわかると思う。ということで、わたしは PeatFreak には賛成できない。

ただし、弱点なのは Aird Bheag とかくとアートヴェク(ゲール語では、語尾の d は英語の tt に近く、語尾の g が k に近くなる)というような発音になって、英語のアードベグとはちょっと違うところか。PeatFreak の解釈である Ard beag はどうかというと、同様にアートベクとなる。

みなさんはどう思われただろうか?意外と簡単には解釈できないですよね。それをあっさり決めてあるウイスキー本ってなんなんだろうなぁと思ってしまう今日この頃であったりする。でも、土屋氏の本には、ちゃんとこれを知ってか知らずかはわからないものの両方書いてあった。結構エライかもと思ってしまった(^^;

# これで、Ardmore の解釈はちょっと楽ができそう(笑)。

原出典
1)"Small Height" Ard (Scottish Gaelic - high) beag (Scottish Gaelic small).
サイト:http://www.peatfreak.com/art-distillery-names-pronunciation.php

2)Ardbeg (Argyll, Bute, Islay), An Aird Bheag. "The small headland".
サイト:http://www.scottish.parliament.uk/vli/language/gaelic/pdfs/placenamesA-B.pdf
スコットランド議会の調査報告書

2)つづき An Aird Bheag.
サイト:http://www.smo.uhi.ac.uk/gaidhlig/faclair/sbg/lorg.php
ゲール語専門大学の辞書サイト

1)と2)の両方を書いているもの
  小さな丘もしくは岬
  土屋守:改訂版 モルトウイスキー大全(小学館)2002年 P16-17.

|

« 検索ワードランキング(2月13~19日) | トップページ | アードモア Ardmore »

コメント

whisky本はうんちくを話すためにあるので、本当の意味を解釈するためにあるのではないのが残念です。でも、nanbaさんのようにきちんと勉強している人がアドバイスすることによってより良い方向になる可能性は高いと思います。がんばれ!nanbaさん、僕も影ながら解釈の指示を出しますね(^^♪

投稿: pengo | 2006年2月22日 (水) 23:19

pengoさんどもです。

さっき ardmore もアップしました。もう大変です~(笑)。いや~勉強になるわ(笑)。

投稿: nanba | 2006年2月23日 (木) 00:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88375/8789345

この記事へのトラックバック一覧です: アードベッグ Ardbeg:

« 検索ワードランキング(2月13~19日) | トップページ | アードモア Ardmore »