« オスロスク Auchroisk | トップページ | 検索ワードランキング(2月20~26日) »

2006年2月27日 (月)

Auchroisk オスロスクつづき

赤い流れを渡る浅瀬だとしているのは、ボトルに ford of the red stream と書いてあるからみたいですね。たしかに、男性名詞の ath (注意すべきは、ゲール語でアー、英語のようにアスとは言わない)に、ford(川が渡れるようになっているところ→確かに浅瀬といえば浅瀬だ)という意味があるので、これを当てているのではないかと思われる。それでも、red は? stream は?と聞きたくなる。

無理を承知でいろいろ考えて、Auch → Achadh としたのをやめて、Au → Ath とやってみた。すると、Ath a' Chroisg で アーェフロイスク 川を渡るところ って解釈ならできそうな気がする。でも、ちょっと無理矢理っぽいかも。だって、川が渡れるようになっているところを ford っていうのに、cross っていう意味の単語をつける訳はないわな~。

んじゃ、”赤い”で攻めよう(笑)。Ath ruadh アー ルアグ 赤い浅瀬 ぐらいの意味。
でも、最後の~スクって感じの音がでてこない。

調べましたぜ~。easg っていう接尾辞が水や流れを表すって、ぜ~ぜ~(だんだん疲れてきた)。やっときたか(笑)?って感じになってきましたよね。
無理矢理に、ruadheasg で、赤い流れってしましょう。ほんとかどうかしんないけど。
そして、 Ath ruadh easg アールグエスク (ルグのグはのどの奥から)
やっぱ無理か。文法にちゃんとあってるかこれだと微妙だし。

徒労感たっぷり。ちゃんとボトルにもゲール語のつづり書いてよ~(絶叫)。

英語の ford は、もちろん川の渡れるところという意味で、stratford upon Avon とか Bradford とかの~ford というのは、川が浅くなって渡れるところを指す。これは覚えておくと得かも。

|

« オスロスク Auchroisk | トップページ | 検索ワードランキング(2月20~26日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88375/8866682

この記事へのトラックバック一覧です: Auchroisk オスロスクつづき:

« オスロスク Auchroisk | トップページ | 検索ワードランキング(2月20~26日) »