« 欧州CL決勝トーナメント レンジャース敗退 | トップページ | SFAカップ5回戦再試合結果と準決勝組み合わせ »

2006年3月 9日 (木)

バンフ Banff

これも地名、蒸留所名でかつウイスキーのブランド名である。土屋氏の少し変な解釈がなければ、穏便に済んだのに~という印象を受けた(笑)。

提案されている意味は次のとおり
1)子豚     土屋守氏の解読なれどゲール語のつづりは示していない
2)アイルランド(の詩的表現) Banbh

1)の子豚というのは、ちょっとおいて解釈しよう。
2)のアイルランドというのは、PeatFreak とスコットランド議会調査報告と両方にでている。また、辞書サイト(http://www.ceantar.org/Dicts/search.html)によっては、Banbh は Banff と書いてスコットランドでは、アイルランドのことを指すと書いてある。5世紀以降、アイルランドから、ゲール族やスコット族がやってきたとされるので、これだとすんなり受け入れやすい。先祖の土地を懐かしんでつけたのではないかと考えやすいからだ。

では、子豚の検証。上記の辞書サイトには、banbh には、アイルランドという意味の他に豚という意味があると書いてあるし、2)のつづきと書いたサイトには、”豚がいる場所”として Inverness の Banavie(Bainbhidh もしくは Banbhaidh)という事例があげてある(ただし、この例もアイルランドのことを指しているかもしれないということもちゃんと書いてある)。わたしが手の届く範囲で調べると、banbh が”豚”という例があるところまではわかった。
しかし、”子豚”というのはなかった。土屋氏は、どんな根拠でこれを子豚としているんだろう?

それでも、地名としてはやっぱり”豚”というよりは、アイルランドというほうがしっくりくると感じる。地名としては、”豚”の意味でつけたものがないわけではないだろうけどね~。アイルランドからわたってきたゲール族やスコッツ族がつけた名前だと思ったほうが自然じゃないかな~と感じる次第。

原出典
1)子豚(ゲール語のつづりは書いていない)
  土屋守:改訂版 モルトウイスキー大全(小学館)2002年 P32-33.

2)Banbh is a poetic name for Ireland who were used commemoratively to several placenames over Scotland.
  サイト:http://www.peatfreak.com/art-distillery-names-pronunciation.php

2)のつづき(Bamffも同じと書いてある)
  Banbh, with Eilg, Eire and Fotla, were poetic names for Ireland and applied commemoratively to several places in Scotland, as here.

  Banavie (Inverness), Bainbhidh or Banbhaidh. "Pig place", although this may be a reference to Ireland. See Bamff.
  サイト: http://www.scottish.parliament.uk/vli/language/gaelic/pdfs/placenamesA-B.pdf
  スコットランド議会の調査報告書

1)と2)の両方が書いてある辞書サイト
  banbh に豚という意味がある書いてあるが、同じ単語の説明で、スコットランドでは Banff と書いてアイルランドのことを指すと書いてある。
  サイト:http://www.ceantar.org/Dicts/search.html

|

« 欧州CL決勝トーナメント レンジャース敗退 | トップページ | SFAカップ5回戦再試合結果と準決勝組み合わせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88375/8883167

この記事へのトラックバック一覧です: バンフ Banff:

« 欧州CL決勝トーナメント レンジャース敗退 | トップページ | SFAカップ5回戦再試合結果と準決勝組み合わせ »