« 婆娑羅 その2 | トップページ | クライヌリッシュ Clynelish »

2006年4月21日 (金)

カードゥ Cardhu

蒸留所の解釈をつづけていく。
これも地名と蒸留所名とウイスキーのブランド名になっている名前である。Cardhu とも Cardow とも書かれるが、いずれも英語のつづりである。Cardhu は、ゲール語風だが、決してゲール語ではない。
実は、私も深く考えずに黒い岩だと思っていた。この分野に感心がある日本の多くの人がそう思っているに違いない。よく考えると、dhu が黒いの dubh もしくは dhubh からきているので、ドゥのところはいいとしても、岩を Creag(クリーク)と考えるとカーという発音になるのが変だとわかってもらえると思う。
そこで調べてみたら、マイケルジャクソンとその本を日本に紹介した人々が「黒い岩」としているので、その本の影響力で広まったのではないかと思われる。でも、「黒い岩」は違うんじゃないの?と思うところを書いておきたい。

解釈例をまずあげておく
1)黒い岩 モルトウイスキー大全 Malt Whisly Companion 5th editionにはつづりなし
      PeatFreakは Creag Dubh
2)黒いこけが生えた土地  Cathar Dubh(カードゥ)

マイケル・ジャクソン氏と土屋氏は、ゲール語のつづりをあげていないので、どんな根拠をもって、黒い岩と判断したか難しい。でも、PeatFreakはきちんとつづりをあげているので、これを元に考えていく。

黒い岩をゲールにしてみる。前にもでてきた女性名詞で Creag が岩、Dubh が黒いである。女性名詞を修飾する形容詞の変化で、Dubh が Dhubh となるので、Creag Dhubh クリークデューとなる(ここまでで、PeatFreakは形容詞の変化を誤っているのがわかる。)これで、カードゥとというような発音に聞こえるだろうか?

わたしの疑問はそこだった。黒い岩 Creag Dhubh クリーク・デューでは、カードゥと聞こえるというのは、かなり苦しいと考えた。

そこで、何度もでてきているスコットランド議会の調査報告書を見てみると、こけが生えた土地とう意味の男性名詞 Cathar を持ってきて、Cathar Dubh からきているのではないかとしていた。ゲール語では、th は h と同じ発音となるので、Cathar Dubh ならカードゥと読むことになる。

そこで、もうちょっと調べてみると、cair 自体に peat moss という意味があって、泥炭に生えるこけという意味であった。すると、Cathar という泥炭があるところにこけが生えた土地で、黒く見えるので、その意味の形容詞がついたと考えればつじつまがあう。
また、catharには、山にある沼地という意味もある。この意味でも黒いという形容詞がついても矛盾がない。

ということで、わたしは、Cathar Dhubh に賛成しておこうと思う。マイケル・ジャクソン氏にも、土屋氏にも賛成できない。

原出典
1)黒い岩 つづりは示されていない
 土屋守:改訂版 モルトウイスキー大全(小学館)2002年 P62-63.
1)のつづき
 Michael Jackson著 Malt Whisky Companion 5th Edition(2004年) P172.
1)のさらにつづき
 "Black Rock" Creag (Scottish Gaelic - rock) dubh (Scottish Gaelic - black)
 http://www.peatfreak.com/art-distillery-names-pronunciation.php

2)Cardow (Moray) This may be "black mossy land", from Cathar Dubh. The name is also spelled Cardhu in English.
 http://www.scottish.parliament.uk/vli/language/gaelic/pdfs/placenamesA-B.pdf
2)のつづき
 cair cathar の意味は下記サイトから  
 http://www.ceantar.org/Dicts/search.html

|

« 婆娑羅 その2 | トップページ | クライヌリッシュ Clynelish »

コメント

細かいことですが、peat mossというと、苔や地衣類が堆積してできた「泥炭」そのものを指す言葉ですね。なので、CairやCatharが「peat moss」を意味しているので有れば、直接的に(黒い)泥炭の土地、ということになりそうですね。って、読み直すと、2番といっしょですね(^^;ここでいうmossyは「苔の生えた」ではなく「苔状の繊維質な」という意味ではないかと推測しています

投稿: Danny | 2006年4月21日 (金) 16:04

コメントありがとうございます。

Creag Dhubh よりは、Càthar Dubh や Càir Dubh のほうがカーデュって聞こえて、意味もそれなりなんだってことが言えればなぁと思っています。CàtharとCàirは同じって書いてあるのもあるし。

それにしても反応があってよかった(笑)。

投稿: nanba | 2006年4月21日 (金) 17:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88375/9600519

この記事へのトラックバック一覧です: カードゥ Cardhu:

« 婆娑羅 その2 | トップページ | クライヌリッシュ Clynelish »