« カードゥ Cardhu | トップページ | スコティッシュプレミアリーグ 第35節 5試合 »

2006年4月22日 (土)

クライヌリッシュ Clynelish

だいぶたまってきた蒸留所のゲール語解読。まだまだ続く。ところで、このゲール語解読に登場する蒸留所のカタカナ表記。ときどき納得はできない読み方があるけれど、基本的にはモルトウイスキー大全に従っている。その方がわかりやすいかなと思うから。文句があるならその著者に言ってね(笑)。なんでこれを書いたかというと、この蒸留所については、例えば、マイケルジャクソンは、Malt Whisky Comapnion 5th Edition で、クラインリーシュと読めと書いていたりして、必ずしもモルトウイスキー大全の読み方が正しいとは限らないような気がするから。

さて、解釈例
1)金色の湿地という説があるが確かなことはわからない(モルトウイスキー大全)
  (かなり素直じゃん(笑))でも、つづりは書いていない
2)斜面状の庭 Claon lios クルーンリース (PeatFreak)
3)耕作された土地もしくは農場 ゲール語のつづりなし
4)庭園がある草地 もしくは 果樹園の草地 Cluain lise クルーェンリーシュ
 (本サイト独自)
5)クラインのみについては 草地 と 傾斜 の2種類の解釈がある模様

まずは、モルトウイスキー大全の金色の湿地については、例によってつづりがないために検証が不可能である。また、わたしは他にこの解釈をあげているサイトを見つけられなかったので、賛成もしない。

二つめの斜面状の庭については、弱点が二つ。一つは一般的なゲール語のルールに反して、形容詞が前にきていること。liosの最後のsの発音では、クライヌリッシュあるいはクラインリーシュと呼んだときにシュとはならないこと。魅力的な解釈だとは思うがこれも賛成できない。
ただし、liosをちゃんと属格にして、liseにすれば、リーシュになるため、庭がある斜面や庭がある草地という解釈ならば可能のような気がする

三つ目の解釈についてもゲール語のつづりがないのでどうしようもない。

四つ目は、五つ目にあげたクラインの部分のゲール語解釈について調べた結果からわたしが導き出したものである。クラインリッシュのクライン(Clyneは、この地域のキリスト教の教区の名前で、クラインリッシュ、クラインカークトン、インヴァーブローラ、クラインミルトン、ゴードンブッシュという5つの大きな農場からなっている。)ってことで、農場にもつけられていた名前だったことも引用したサイトを見てもらえればわかる。
地図を見るとそれなりに広く湿地ばかりではないところなので、湿地という解釈はあたらないのがわかるし、農場についた名前なら果樹園やら庭園がある草地というのならなんとか意味が通じるのではないだろうか。
この解釈で有利なのは、最後が農場や果樹園という意味の lios の属格が lise であるために、ちゃんとリーシュという発音になることである。全体としてはクルーェンリーシュとなる。
ただし、Clyneのゲール語解釈としては、斜面(スロープ)という意味でCli(クリー)という解釈もある。

それから、モルトウイスキー大全はゲール語に対する理解を根本的に欠いている他に、スコットランドの歴史に対する理解も基本的におかしいのではないかと思わせる記述が、このクライヌリッシュのところにはある。ブローラという町にあるこのクライヌリッシュ蒸留所を説明するのにあたり、ヴァイキングの言葉であるノース語が由来になっているという記述まではいいが、「かつてこのあたりには、サケを追ってきたヴァイキングが住みついていたのであろう。」(そのまま抜粋)と書いてある。あのね、ヴァイキング達はサケを追ってきた訳じゃなく、初期は抵抗しない修道院を襲い修道院の宝を奪うためにやってきて、次第に占領し住み着くためにやってくるようになったのだ。決してサケなんぞを追っかけてやてきたわけじゃない!
あんたね、ウイスキー好きはゲール語も知らんしスコットランドの歴史も知らんしって馬鹿にしすぎ、って無性に腹が立った(怒怒怒)。

原出典
1)金色の湿地という説があるが確かなことはわからない
  土屋守:改訂版 モルトウイスキー大全(小学館)2002年 P64-65.

2)"Sloped Garden"
   Claon (Scottish Gaelic - sloped) lios (Scottish Gaelic - garden).
  http://www.peatfreak.com/art-distillery-names-pronunciation.php

3)cultivated land or farm
  Situated on the north-east coast of Scotland, between Inverness and Wick, Clynelish takes its name from the Gaelic for cultivated land ? or farm.
  http://www.waitrosewine.com/Shopping/Product.aspx?Type=SKU&ID=230227738&source=6132

4)この解釈は、辞書サイトとその下のクラインの解釈を参照。
  cluain nf. g.+e; pl.+tean, green plain, meadow, pasture
  lus nm. g.v. luis; pl.+an, herb, plant, weed
  lios nf. g. lise; d. lis; pl.+an, garden, orchard
  http://www.ceantar.org/cgi-bin/search.cgi

5)Clyneのみの解釈
  草地とする例
  The name Clyne comes from the Gaelic word Cluain meaning a meadow.
   http://clanhunter.info/hunter1/Home_Page/Brora_Village/Village_History/village_history.htm
 
5)の続き
  斜面とする例
  Clyne (Sutherland), Clin. "Slope". Clyne parish is Sgire Chlin.
  http://www.scottish.parliament.uk/vli/language/gaelic/pdfs/placenamesC-E.pdf

|

« カードゥ Cardhu | トップページ | スコティッシュプレミアリーグ 第35節 5試合 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88375/9656301

この記事へのトラックバック一覧です: クライヌリッシュ Clynelish:

« カードゥ Cardhu | トップページ | スコティッシュプレミアリーグ 第35節 5試合 »