« 現地調査 in Scotland | トップページ | Soctland Day 2 7月8日 気分は夏目漱石? »

2006年7月 8日 (土)

Soctland Day 1 移動

昨日ちょびっと書いたように、7月7日からスコットランドに旅行にきている。

まず、いつものように関空への移動はMKタクシーの乗り合いをお願いした。今回は7時半につけばいいというのに、迎えにくる時間が5時35分。もう行きは使ってやんね、と思ったりしている(笑)。

KankutimeLuggage関空には7時15分ぐらいについてしまい、ちょっと一息。しばらくしてから、チェックインとレンタルした電話の受け取り、両替などでした。いつもならラウンジにいって、パソコンをいじっているのだが、今回はあんまりそれをしたいという感じがなかった。朝食にうどんなどを食べた。

さて、今回も荷物から。二人分の荷物はこれだけ。パッキング名人の妻が頑張ってくれた。

Chikenpastaフランクフルト行きはほぼ定刻に出発。機内ではインターネット接続もでWelcomedrinkきる。でてきた食事は、ウェルカムドリンク、鶏のパスタ(もしくはかに飯風)、おにぎり(もしくはサンドイッチ)、サーモン(もしくはすき焼き風)であった。かっこをつけたのは写真のデータが多くなると送信が面倒なので、ウェルカムドリンクとパスタだけにしておく。味については、あんまり書きたくない(笑)。あっシャンパンはおいしかった。

わたしたちの周りには意外と日本人が座っていないなぁ~という印象。聞こえてくる会話もなぜか、ドイツ語、英語、ラテン系の言葉(スペイン語かポルトガル語?)だったし。でも、トイレに行く途中には、沢山の日本の方がいらした。たまたま私たちの座ったあたりは日本人が少なかったらしい。

途中、ちょっと気分が悪くなって妻にバファリンをもらった。飛行機の中でこんな風になったのははじめてで、先行きがちょっと心配だったのだが最後の食事の前にはなんとか復活。バファリンと妻に感謝。

フランクフルト空港ではトランジットのところでも厳重に手荷物検査があった。テロがおきている現状では仕方あるまい。

エディンバラ行きのゲート付近では、日本の方がいないか見渡してみた。日本語が書いてある本をお持ちの方と日本語で書かれた地図をお持ちの方がいらしたので、わたしたちの他にあと二人の日本人を発見した。

しかし、定刻を過ぎても搭乗のアナウンスがない。するとクルーがまだきていないので、しばらく待てとのこと(笑)。結局45分近く遅れて出発することになった。機内では愛想のいいCAがサーブしてくれたので、ちょっと怒りはおさまった。このCA、わたしの「お水ちょうだい」というドイツ語がわかってくれたので、贔屓にしてしまう(笑)。でも、ガス入りかスティルか?という彼女のドイツ語がわからず沈没。結局英語での会話となってしまった。しかし、エディンバラ空港到着後しばらくすると飛行機が故障で動けなくなったというわけのわからない機内アナウンス。10分ぐらいは滑走路と空港ビルの間で立ち往生していたのだった。その後、なんのアナウンスもないまま突然動きだし、やっと1時間遅れで到着。

入国審査の列も短く、聞かれたことも「何日いるの?」「今回の旅行の目的は?」の二つだけ。あとは、空港バスで市内に直行。残念なことは、到着直後から雨だ強くなりだしたこと。今回の旅はついていない?

Scotmonu宿は13年前にも泊まったことが The Old Waverley Hotel 。バス停からすぐそこって距離なのに、雨で結構ぬれてしまった。このホテルはウェーヴァリー駅のすぐそばでとても便利な宿である。部屋からはスコッツモニュメントのライトアップの様子も見える。

二人ともとても眠かったので、外に食べるにでるのはあきらめて、これまたすぐ近くのセインズベリーでサンドイッチなどを買い、簡単に晩ご飯をすませた。

あとは、力尽きて寝てしまう。こちらの時間では、昨晩の夜9時半にタクシーの迎えがきて、夜中2時に飛行機が日本を飛び立ち、夕方の7時頃にやっとエディンバラ市内に到着したのである。マル一日弱かかっている。そりゃつかれるわけだ。おやすみ~。

って、夜中1時過ぎには目が覚めて風呂にはいってブログ更新。

そうそう忘れていたが、関空を飛び立ったルフトハンザ741便は、関空→ソウル→北朝鮮の領空を避けるように黄海上空を飛ぶ→北京上空→モンゴル→ロシアというように飛んだため、テポドンやノドンのことは考えなくてもよかった(笑)。帰りもこのルートであることを祈る。

|

« 現地調査 in Scotland | トップページ | Soctland Day 2 7月8日 気分は夏目漱石? »

コメント

ルフトハンザって食べ物イマイチでしたっけ?過去にヨーロッパ内の乗り継ぎで利用したことがありますが、覚えてな〜い。

しかし、さすが旅慣れてますね!この荷物なら身軽に動き回れそう。奥様、すばらしいスキルです!

投稿: eriko | 2006年7月 8日 (土) 22:56

ルフトハンザのご飯は、できがよいのと悪いのの差が激しいって印象です。悪いのがあるおかげでおいしいやつの印象が残らない(笑)。

妻のスキル、すごいでしょ?
いつもとても助かっています。

それにしてもココログ重すぎ、もう更新できないかも。

投稿: nanba | 2006年7月 9日 (日) 13:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88375/10843573

この記事へのトラックバック一覧です: Soctland Day 1 移動:

« 現地調査 in Scotland | トップページ | Soctland Day 2 7月8日 気分は夏目漱石? »