« スコットランドサッカー短信10 ユーロ2008予選B組2試合目 | トップページ | スコットランド地名研究本 7 »

2006年9月 9日 (土)

アイル・オブ・ジュラ Isle of Jura

地名にして、ウイスキーの蒸留所名にしてそのブランド名であるこの名前。調べる前には「鹿の島」で簡単に終わると思っていた。調べた後には、学者ってのは本当によく調べているものだなぁと実感。

解釈例
1)ノース語で、鹿の島 モルトウイスキー大全にはつづりなし
        jur ey もしくは dyr-ey というつづりが地名研究者の本には見られる
2)ノース語で、Doirad の島 Doirad は人名 ey がノース語の「島」
3)2)の解釈をゲール語とするもの  Diura ジュラ Doirad's eilean

1)のノース語で、鹿の島としている解釈は少なくない模様。この点では、モルトウイスキー大全もきちんと調べている(笑)。スコットランド議会サイトと下記の2,3)の2冊の地名研究本につづりと意味が紹介されている。

2)と3)の人名 Doirad の島についても、PeatFreakと2冊の地名研究本に紹介されている解釈である。ただし、ノース語の人名なのかゲール語の人名なのかはよくわからなかった。それでも、Doiradが、当時のゲール語で「Broken Hearted」を意味した人名なんてのが結構魅力的だなぁと思う(下記8)を参照されたい)。ただ、現代ゲール語では Doirad というのは、ルールに反したつづりとなっているので、注意も必要である(やはりノース語が有利かも)。

どれが正しいかなんてのは、もちろんわたしが答えられるはずがないが、この島はヴァイキング以前にゲール族もしくはスコット族が住んでいた島であることと7)と8)にあるように7世紀には Doirad Eilinn という記述があったことを考えれば、個人的には「Doirad の島」説が有力ではないかと考えている。8)の文献には何世紀にも渡って変化をし続けた上に、古いノース語の djur と ey の影響を受けて、Jura になったのだろう書いてあって、結構説得力があると考えている。

原出典は以下の通り
1)鹿の島 ノース語のつづりなし
  土屋守:改訂版 モルトウイスキー大全(小学館)2002年 P162-163.

2)Jura, Diura.
  "Deer island", from Norse. The island's byname is An t-Eilean Ban, "the blessed island", wherein ban has had its usual meaning of "fair" or "white" extended . A local person is a Diurach but would also have had the nickname each, "horse" attached.
  http://www.scottish.parliament.uk/vli/language/gaelic/pdfs/placenamesF-J.pdf

3)Mike Darton 著: The Dictionary of Place Names in Scotland New Editon 1994年 P154.
  Doirad's Island と言われてるが間違いであると解釈例2)の説を否定している本。
  その上で、ノース語 djur ey で 鹿の島 としている。

4)William J. Watson 著: Scottish Place-Name Papers 2002年 P69.
  ey はノース語で島 dyr-ey は deer-isle 鹿の島
  1386年にその記述あり。

5)"Doirad's Island"
  Doirad (Norse personal name, meaning deer) ey (Old Norse - island).
  http://www.peatfreak.com/art-distillery-names-pronunciation.php

6)David Dorward 著 : Scotland's Place-Names 1979年 P.16.
  Jura は Doirad's isle .

7)Divid Ross 著 : Scottish Place-Names 2001年 P118.
  Doirad(ゲール語の人名) Island(ノース語 ey)で Doirad's Island
    678年には Doirad Eilinn という記述があるので、ノース語 ey は、
  ゲール語 Eilinn(島)を当てたのだろうという記述あり。

8)JURA (in the old county of Argyll (Hebrides))
  NAME ON MAP: Dure DATE: 1335 EARLIEST RECORD: Doirad Eilinn DATE: 678 MEANING: the earliest record, from The Annals of Ulster, would be GOIDELIC Doirad's eilean `island'. The personal name could have meant `broken hearted'. The name has contracted over the centuries and may mave been influenced by OLD NORSE djur `deer' and ey `island'.
  http://www.gwp.enta.net/scothist.htm

|

« スコットランドサッカー短信10 ユーロ2008予選B組2試合目 | トップページ | スコットランド地名研究本 7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88375/11756066

この記事へのトラックバック一覧です: アイル・オブ・ジュラ Isle of Jura:

« スコットランドサッカー短信10 ユーロ2008予選B組2試合目 | トップページ | スコットランド地名研究本 7 »