« スコットランドサッカー短信11 CLグループリーグ1試合目 | トップページ | グレンファークラス再び »

2006年9月15日 (金)

ノッカンドォ Knockando

これは、Morayshire にある蒸留所名で、もちろん地名である。しかし、Banffshire にはよく似た Knockandhu(Knockandu というつづりもあるが、ここでは Knockandhu を採用しておく)という地名があって、これが混同されているようであるので、そのあたりを記しておきたい。モルトウイスキー大全もこの混同による誤りを犯している。

解釈例
1)ゲール語で、小さな黒い丘あるいは小さな黒い塚 モルトウイスキー大全につづりなし
2)ゲール語で、市場の丘 Cnoc Cheannachd クノック ヒナッハト

まずは1)ではなく2)について説明する。
これは、スコットランド議会サイトの他に、3冊の地名研究本にも紹介されている説である。Knockando を Cnoc と cheannachd に分解している。前者は、丘という意味であり、後者は、英語で言えば、trade や commerse や merchandise という意味の ceannachd の属格 cheannachd である。つまり、交易などが行われていた丘ってことで、下記にあげた文献では、いずれも market hill や hill of market、market knoll などとしてあって、「市場がある丘」となる。

では、なぜこれを小さな黒い丘や小さな黒い塚などと間違えてしまうのだろうか。
これは、Knockando 蒸留所がある Morayshire ではなく、Banffshire にある Tamanavulin 蒸留所のそばの Knockandhu と混同しているからである。このつづりは、下記参考サイトにあげたように解釈できるので、丘 Cnoc に小さいという接尾辞 an がついて、Cnocan となり、黒いという意味の dubh がついて、黒い小さな丘という意味になる。

Knockando と Knockandhu は別物と覚えておいて、蒸留所の方は、交易の丘 → 市場の丘 と覚えておこう。

原出典は以下の通り
1)小さな黒い丘あるいは小さな黒い塚
 土屋守:改訂版 モルトウイスキー大全(小学館)2002年 P168-169.

2-1)Knockando (Moray), Cnoc Cheannachd.
  "Market hill".
  http://www.scottish.parliament.uk/vli/language/gaelic/pdfs/placenamesK-O.pdf

2-2)Hill of the market : Cnoc cheannachd
    1685年には、Knockandoch というつづりが見られる
  David Ross 著 : Scottish Place-Names 2001年 P133.

2-3)Rounded hill of the market : cnoc cheannachd と同じつづり
  Mike Darton 著: The Dictionary of Place Names in Scotland New Editon 1994年 P207.

2-4)market knoll : cnoc cheannachd
  David Dorward 著 : Scotland's Place-Names 1979年 P48.

参考)
  Knockandu (Banff), An Cnocan Dubh.(地図には Knockandhu とある)
  "The black hillock".
  http://www.scottish.parliament.uk/vli/language/gaelic/pdfs/placenamesK-O.pdf

Knockandodhu

|

« スコットランドサッカー短信11 CLグループリーグ1試合目 | トップページ | グレンファークラス再び »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88375/11775898

この記事へのトラックバック一覧です: ノッカンドォ Knockando:

« スコットランドサッカー短信11 CLグループリーグ1試合目 | トップページ | グレンファークラス再び »