« ポリッジ+納豆の朝食 | トップページ | Whisky-Journey 2006 in Osaka »

2006年9月30日 (土)

ラガヴーリン Lagavulin

ラガヴーリンは、もちろん地名、蒸留所名、ウイスキーのブランド名である。
これは以前に簡単に書いたことがあるのだが、もう一度、きちんと文献を引用して、書いておこうと思う。

つづりこそ書いていないがモルトウイスキー大全はそれらしいゲール語訳を載せている。

解釈例
1)水車小屋のあるくぼ地  モルトウイスキー大全にはつづりなし
2)粉挽き小屋があるくぼ地 Lag a' Mhuilinn ラガヴーリン

1)はゲール語のつづりが明記されていないが、おそらく2)と同じつづりだろう。
これを解釈するのは簡単で、Lag くぼ地 と muileann 粉ひき小屋 の二つがわかって、muileann の定冠詞付き属格が a' mhuilinn とわかればおしまいである。正確な意味は、「その粉ひき小屋があるそのくぼ地」ということである。Lag に定冠詞がつかないのは何度も説明したが、もう一度説明すると、例えば、the gate of the park というような場合には、最初の the に相当する定冠詞を省くのがゲール語文法なのである。それ故、An Lag a' mhuilinn などのようにはならないという点に注意が必要であるとともに、英訳する場合には、Lag に定冠詞がついていなくても、定冠詞があるように訳すべきなのである。つまり、正しい英訳は the hollow of the mill である。David Ross や Mike Darton らの記述には正確さがかけるように思う(原出典2-1~5の全部)。

英語の mill やゲール語の muileann は、水車小屋と訳す例もあるようでるが、これは必ずしも正しくはない。というのも、mill や muileann は粉挽きをするところであり、その動力が水車の場合は水車という訳でもよいだろうけれど、動力は風車でも人力でも牛力でも馬力でもなんでも、粉をひけば mill なのである。語源から見ても明らかで、英語の mill の語源はラテン語の mola であり、粉をひくために回す石臼なのである。逆に言えば、水車でも単に川から水をくみ上げるような水車は、mill や muileann ではないのである。

原出典は以下の通り
1)水車小屋のあるくぼ地 ゲール語のつづりなし
  土屋守:改訂版 モルトウイスキー大全(小学館)2002年 P174-175.

2-1)"Hollow by the Mill"
  Lag (Scottish Gaelic - hollow) a'mhuilinn (Scottish Gaelic - by the mill).
  http://www.peatfreak.com/art-distillery-names-pronunciation.php

2-2)Hollow by the mill : Lag 'a mhuilinn
  David Ross 著 : Scottish Place-Names 2001年 P134.

2-3)Hollow by the mill : Lag 'a mhuilinn
  George Mackay 著 : Scottish Place Names 2000年 P57.

2-4)Lagavulin (Islay), Lag a' Mhuilinn.
  "Hollow of the mill"
  http://www.scottish.parliament.uk/vli/language/gaelic/pdfs/placenamesK-O.pdf

2-5)Hollow of the mill : Lag 'a mhuilinn
  Mike Darton 著: The Dictionary of Place Names in Scotland New Editon 1994年 P168.

|

« ポリッジ+納豆の朝食 | トップページ | Whisky-Journey 2006 in Osaka »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88375/11887716

この記事へのトラックバック一覧です: ラガヴーリン Lagavulin:

« ポリッジ+納豆の朝食 | トップページ | Whisky-Journey 2006 in Osaka »