« ブレンディッドウイスキーで見つけた変なゲール語 tè bheag | トップページ | SPL06/07第7節結果と次節予定 »

2006年9月18日 (月)

新潟のバー ぎるびい

出張で訪ねた新潟。おいしい日本海の魚を食べておなかを作ったらモルトウイスキーへ(笑)。

ちょっと下調べしていたので、ぎるびいというバーに行ってきた。このホームページの表紙の写真ではまぁ普通のバーって感じ。でも、そのページの下側にある主要在庫ってところをクリックしてみてほしい(面倒な方はここから直結)。すごいでしょう?1950年代はおろか40年代のマッカランもあるんですよ~。

1杯目は、ラフロイグのソーダ割り。おいしく飲ませてもらった。

2杯目は、シェリー酒樽のお勧めは?と聞いてでてきたのが、ゲール語解釈で苦労していた(今も苦労しているけど)Glenfarclas1961。いきなりかよ~ですね。マスターによれば、今はマッカランよりグレンファークラスの方が丁寧に作っているからおいしいですよとのこと。神戸でも飲んだことがあるけど、確かにうまかった。渋くなるちょい手前で寸止めしたような素晴らしい味(笑)。

そして、ボウモア1950年の8歳。激ウマ。ヨードもピートもホンのかすかにしか感じない。8歳のボウモアがこんなに味なのか~って衝撃を受けた。色も今のものよりずっと薄い。
なんで、もうこのボウモアは作れないんだろうって悲しくもある。

次は、グレンリベット25年のめちゃ古いやつ。マスターによれば100年前の味ってことでした。この写真でわかる方がいらしたもっと教えて欲しい。結構モルティで、田舎っぽく、しっかりとした味です。

その他見せていただくだけで”拝観料”がいるようなボトルがごろごろしていた(笑)。

Glenfarclas1961 43% 750ml
Bowmore 1950 8YO 43% 750ml
Glenlivet 25YO 80%proof 

いかんいかん、こんなことしてたら財布にいくらはいっていてもたりないがな、と自覚して退散。知らなければ幸せだったのに~という世界をちょいと覗いてみたような感じだった。
ごちそうさまでした。

マスターのお話も楽しく、素晴らしいバーでした。このバー神戸になくてよかった。だって、神戸にあったら、わたし破産するもの(笑)。

Glenfarclas1961Bowmore19508 Glenlivet25_1

|

« ブレンディッドウイスキーで見つけた変なゲール語 tè bheag | トップページ | SPL06/07第7節結果と次節予定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88375/11935135

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟のバー ぎるびい:

« ブレンディッドウイスキーで見つけた変なゲール語 tè bheag | トップページ | SPL06/07第7節結果と次節予定 »