« グレンファークラス再び | トップページ | 新潟のバー ぎるびい »

2006年9月17日 (日)

ブレンディッドウイスキーで見つけた変なゲール語 tè bheag

なにげに見つけたウイスキーのサイトに、とても気になることが書いてあった。ブレンディッドウイスキーに Tè Bheag nan Eilean というのがあって、チェイ・ベックは”可愛いお嬢さん”の意味と書いてあったのだ。
このサイトの方に教えてもらったら(本当に丁寧に教えていただきました。ありがとうございます。)、確かに世界の名酒事典2006年版の52ページにそのように書いてあった。

  世界の名酒事典2006年版(講談社) ISBN 4-06-213102-1
  (この部分の担当は土屋守氏そのヒトである)

しかしである。読み方も意味も違うのだ。本当は、Tè の e の上には点がついているので、本来はチェーと読み bheag はベックというより、ヴェークのように発音するのである(小さいという意味の beag が女性名詞である tè を修飾するために bheag という形になっている)。さらに、nan Eilean は、ナン・エランと読む。全部あわせてチェーヴェークナンエランのようになる。厳密には”その島のその小さなもの”あるいは、”その島のその小柄な女性”という意味である。Tè は女性を指す場合には一般的には子供には使わない表現でもある。The Modern Gaelic-English Dictionary(Robert Owen著1993年)のP111には、tè bbeag で、ウイスキーあるいは 小さなもの、小さなヒト(small one)という説明まである。つまり、”小さなもの”が暗示しているのは”可愛いお嬢さん”ではなく、ウイスキーそのものであると言っているのである。

beag は可愛かろうか不細工であろうが、物理的に小さければ beag なので、tè を女の人という意味にするなら、この場合は可愛いお嬢さんかどうか判断する要素はなく、かつ tè にも若いかどうかを判断する要素がないので「小柄な女性(おばさんやおばぁさんかもしれない)」ということになる。

日本語に訳すなら「島の小さなもの(こと)」や「島の小柄な女性」だと商品名ぽくないし、「その島のウイスキー」では直接的なので、「その島の小さきもの=ウイスキー」なんて訳せばいいのではないかと思う。

モルトウイスキーの蒸留所シリーズがもし終わってもしばらくはゲール語とウイスキーで遊べそうな予感がしている(笑)。

|

« グレンファークラス再び | トップページ | 新潟のバー ぎるびい »

コメント

そのウィスキーを造っている会社のホームページがhttp://www.gaelic-whiskies.co.uk/html/pages/TeBheag.htmにあるのですが、pronounced "chey vek"とあり、さらに"The little lady of the isles" - colloquially means " a wee dram" とあります。

投稿: Eilean Eile | 2006年9月25日 (月) 01:28

ホームページを教えていただいてありがとうございました。

ゲール語にだいぶお詳しいと思いますので、
little lady は、可愛いお嬢さんとはかぎらず、背が低い女性だという理解でよろしいでしょうか。

また、発音はスカイ島方言で今後標準になるものだと考えてよろしいでしょうか? Robert Owen の辞書には tè は cheh と発音するとあります。

投稿: nanba | 2006年9月25日 (月) 22:52

こんばんは、nanbaさん。今回のこの件に関してはもしかしたら意訳をされているように思います。正確な訳ではないかもしれませんがlittle ladyである事に異議がなければそのままでもいいかもしれませんね。だってしわがれたおばあさん(それはそれで熟成されていい感じかも(^^♪)よりはかわいいお嬢さんの方が美味しそう・・・(#^.^#)それじゃだめ?

投稿: pengo | 2006年9月26日 (火) 01:19

Tha i beag.というのは、「彼女はチビ」に聞こえますが、製造元はそういう意味でTe Bheagと名づけていないし、思って欲しくないでしょうね。だから、"The little lady of the isles"と書いているのだと思います。
教育放送政治面ではスカイ方言で中心で進んでいると考えて構いません。さらに、方言ゲール語は次第に衰退しています。ただ、現在のゲール語自体、すでに数百年前のゲール語とかなり違います。これは日本語も同じでしょ?どんどん変わってるんです。以前CothromというCliの雑誌に400年前(だったと思う)のゲール語と現代ゲール語の訳が載って、「昔のゲール語を読もう」というような記事になっていたのですが、語順も表現もかなり違うものでした。でもね、スコットランド人がゲール語を大事にしなかったわけじゃなく、時代というのはそういうものなんです。アイスランドみたいな例外もありますけどね。

投稿: Eilean Eile | 2006年9月26日 (火) 01:46

pengoさんへ、私も貴方の意見に賛成です。Te Bheagは比較的廉価なブレンデッドですが、そういう気持ちで飲むと、一味違います。
Te Bheagを作っているPraban na Linneは確かタリスカーと関係が深く、ゲール語文化の保存に協賛している企業のひとつです。確か、オーナーはネイティヴなゲール語の話者です。
お酒を飲んでいて「もう一杯いかがですか?」はゲール語でTe eile?(チェエレ?)となりますが、ここでTe Bheagと答えると、「ちょいと一杯」(A wee dram)という意味になります。(これは一例ですけどね。)

投稿: Eilean Eile | 2006年9月26日 (火) 01:58

>>pengoさん
わたしは、可愛いお嬢さんを飲む方がいかながものかと思ってしまうタイプです(笑)。やはり、ほどほどの熟成感が欲しいです。

>>EileanEileさん
時代とともに言葉が変わるのは、理解しているつもりです。
確認したいのですが、te bheag と言って”ヒト”を指す場合には、スカイ島方言では暗黙に、それらしく若い女性をイメージするということでしょうか? すらりと背が高く可愛い若い女性は、この範疇には含まれない、それとも含む?

それと発音について、わざわざスカイ島方言でしょうかと書いたのは、1993年に発行の現代ゲール語の辞書がchehと書いてあったからです。

他の地域のゲール語が衰退しているのは、残念ですが、その通りと理解しています。

投稿: nanba | 2006年9月26日 (火) 05:11

いやいや、背が高かったり、若いという意味はbheagにはないと思いますよ。貴方の先生は何と言っています?

投稿: Eilean Eile | 2006年9月26日 (火) 15:10

失礼、Bheagでなくbeagですよね。

投稿: Eilean Eile | 2006年9月26日 (火) 15:11

すみません、わかりづらい表現だったようで。
te bheag が little lady だというのは、理解できないと言っているわけではありません。
そう書かれても、わたしには小柄な女性だとしか思えないだけなのです。

可愛い女の人なら、te breagha とか他に表現があったと思うのに、それをウイスキーに引っかけた意味合いを持たせるのに、te bheag を持ち出したってことですよね。だから、わざわざ注釈が必要だったというように理解しています。

投稿: nanba | 2006年9月26日 (火) 17:40

Te BhreaghaはBeautiful One、あえて言えば美しい女性、美しい物です。Lenitionさせます。

投稿: Eilean Eile | 2006年9月26日 (火) 17:46

それにTe Bhreaghaを使うと、A wee dramの意味がなくなってしまいます。

投稿: Eilean Eile | 2006年9月26日 (火) 17:47

会社の飲み会帰りの酔っ払いです。

Breaghaのlenitionの説明ありがとうございました。

でも、わたしの書いた文章がまずいのか言いたいことは伝わっていないようですね。

te bheag としないと a wee dram の意味がなくなってしまいますよね。だから表現として、te bheag を用いたわけです。

でも、そうしちゃうことによって、可愛いとかお嬢さんという意味合いがとても薄い  te bhaeag という表現になっていませんか?

そしたら、小柄な女性という意味のほうが普通だと思いますということです。

可愛いお嬢さんでも、背が高いお嬢さんは含まれないわけですよね te bheag には。

でも、不細工なお嬢さんでも te bheag には含まれますよね、小柄なら。

投稿: nanba | 2006年9月26日 (火) 23:28

小さな子と聞いて、不細工な子供を連想する人が居るなら、そうかもしれません。
私にスカイ方言のことを聞くのも良いのですが、貴方のユイストの先生はTe bheagについて、どのような感触をお持ちでしょう?私の知識や経験よりも、貴方の先生の意見のほうが貴重です。
話は変わりますが、Te Bheagの製造元に、その名前は変だと変更を迫るつもりはないのですか?私は興味深い試みだと思うのですが。

投稿: Eilean Eile | 2006年9月30日 (土) 02:05

”小さな子”ではありませんよ。製造元が言っているのは、Little Lady です。これは、小さな子ばかりではありません。小柄な女性(子供とはわからない)です。

te bheag が、little Lady であるまでは、わからないではないと書きましたよね。読んでます? 可愛いお嬢さんが納得できないと言っているんですがね。わざわざ図まで書いたのに。

そんなにわたしの先生のコメントが気になりますか?

投稿: nanba | 2006年9月30日 (土) 03:38

では、Little ladyと聞いて、不細工な子供を連想する人が居るなら、そうかもしれません、と言い直しましょう。
貴方の先生のコメントは、気になります。身近にネイティヴがいるのに、それを引用しないのはもったいないと思います。書籍の諸説、貴方の意見、先生の意見を列記すれば、より多くが得られると言うものです。

投稿: Eilean Eile | 2006年9月30日 (土) 04:39

ありがとうございます。そのように意識しましょう。

投稿: nanba | 2006年9月30日 (土) 05:16

で、本当のメールアドレスはまだ記入いただけないのでしょうか?

投稿: nanba | 2006年9月30日 (土) 05:26

私にはこれしかありませんので。

投稿: Eilean Eile | 2006年9月30日 (土) 09:17

以前から、メールを打っても届かず戻ってきますと言っていますよね。誠実な態度とは思えません。

以前に、
私はこのアドレスしか持っていませんので、駄目ということであれば、お別れしても構いません。
とおっしゃっていましたから、そのようにしていただいて結構です。

投稿: nanba | 2006年9月30日 (土) 09:54

駄目ということですか?

投稿: Eilean Eile | 2006年10月 2日 (月) 03:21

そのようにご理解ください。

投稿: nanba | 2006年10月 2日 (月) 07:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88375/11916927

この記事へのトラックバック一覧です: ブレンディッドウイスキーで見つけた変なゲール語 tè bheag :

« グレンファークラス再び | トップページ | 新潟のバー ぎるびい »