« 英国フェア2006 | トップページ | スコットランドサッカー短信17 ユーロ2008予選B組4試合目 »

2006年10月11日 (水)

モートラック Mortlach

蒸留所のゲール語解読も結構な蓄積ができてきた。
さて、Mortlach。これも地名であり、蒸留所名・ウイスキーのブランド名である。
わたしの手元の7冊のスコットランド地名本の中でも2冊にしかこの名前が載っていない。モルトウイスキー大全を作るときも結構苦労したのではないかと思うが、ゲール語のつづりは載っていない。

解釈例
1)ゲール語で、椀状のくぼ地 モルトウイスキー大全にはつづりなし
2)ゲール語で、大きな緑の丘 Morthlach  モーラッハ
3)ゲール語で、大きな丘   Mor tulach モー(ル)ツラッハ

1)の「椀状のくぼ地」という解釈は、ネット上の検索でも見つけられなかったし、どんなつづりから来たのかわからない。椀を英語で bowl とすると、それに対応したゲール語は Bobhla(ボーラ)と辞書にでているが、これが Mortlach のようになるとは思えないしなぁ。

2)の「大きな緑の丘」という解釈は、スコットランド議会サイトにあったものである。ただし、大きな(mor)という部分が最初にくるのが弱点の解釈である。また、どの部分が緑でどの部分が丘なのかが結局わからなかった。

3)の「大きな丘」にしても、前に大きな(mor)がくるのが弱点と言える。ただ、丘というのはtulach であるとはっきりわかる。これは PeatFreak のサイトにもでているし、2冊の地名本にもでている解釈である。

たしかにわかりやすいが、一つだけ気になっている点がある。
それは、2)にも言えることであるが、形容詞を前に持ってきてその後に名詞を持ってくるときにはそれが強調されるときであり、後の名詞を Lenition(Aspiration)させるというルールがある。すると本来は、Mor+tulach ではなく、Mor Thulach となるはずなのだ。発音もモーウラッハのように変わるはず(そう思うと、2)のつづりはuが抜けているけど、結構近いよね~)。

一応、ここでは3)の解釈を押しておくけれど、納得できない部分もあるのは上に書いたとおり。

原出典
1)椀状のくぼ地 ゲール語のつづりはない
  土屋守:改訂版 モルトウイスキー大全(小学館)2002年 P198-199.

2)Mortlach (Banff), Morthlach.
  "Big green hill".
  http://www.scottish.parliament.uk/vli/language/gaelic/pdfs/placenamesK-O.pdf

3-1)"Big Hill"
  Mor (Scottish Gaelic - big) ulach (Scottish Gaelic - hill).
  http://www.peatfreak.com/art-distillery-names-pronunciation.php

3-2)"Big Hill"
  Mor (Scottish Gaelic - big) ulach (Scottish Gaelic - hill).
 (明らかなミスタイプも同じ場所にあることから3-1)のネタ本とわかる。)
    George Mackay 著 : Scottish Place Names 2000年 P67.

3-3)'Big hill', from Scottish Gaelic mor,'big', and tulach, 'hill'.
    Noted in 1157 as Murthilloch.
  David Ross 著 : Scottish Place-Names 2001年 P160.

辞書サイト http://www.ceantar.org/Dicts/MF2/index.html
tulach nm. g.v. -aich; pl. -aichean, hillock

|

« 英国フェア2006 | トップページ | スコットランドサッカー短信17 ユーロ2008予選B組4試合目 »

コメント

お久しぶりです。
モートラックのゲール語は難しいんですね。
モルトウイスキー大全につづりが載っていない
=難しい解釈という図式ができてきそうですね(^_^;)
自分はモートラック大好きなのですが、
nanbaさんはこの蒸留所はいかがですか??

投稿: 活男 | 2006年10月11日 (水) 23:34

こんばんは ほんとにお久しぶりです。

モートラックを語るほど沢山飲んでいないのですが、ものすごくおいしいモートラックとそうでない場合の差が激しいような印象があります。

”あたり”だよとマスターが言ってくれるときにバーで飲みます(笑)。

投稿: nanba | 2006年10月11日 (水) 23:43

なるほど!
さすがに賢い飲まれ方ですね(^^)
自分の中では30年以上熟成されたモートラックは今のところハズレなしでした。

投稿: 活男 | 2006年10月12日 (木) 00:52

こんにちは

30年以上のモートラックはまだ飲んだことがない。。。でも、確かにおいしそうです!
長期熟成のモートラックを今度バーで探してみます。

確かここはポットスチルがひとつずつ別の形をしていて、蒸留には職人の技と経験が必要な蒸留所でしたよね。それもあって、味のばらつきが大きいのかなと勝手に想像してました。

投稿: nanba | 2006年10月12日 (木) 09:11

こんばんわ
現地で見てこられた方ならではの想像ですね。
ちょっと羨ましいです(^^ゞ

60年代に蒸留されたG&M社の黒いラベルのボトルが今までで一番好きなモートラックです。
酒屋ではほとんど見かけませんが、Barではちょくちょく見かけたりもします。
開けてくれないBarもありますが…

投稿: 活男 | 2006年10月13日 (金) 01:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88375/12182227

この記事へのトラックバック一覧です: モートラック Mortlach:

« 英国フェア2006 | トップページ | スコットランドサッカー短信17 ユーロ2008予選B組4試合目 »