« ”Tè bheag”について | トップページ | タリスカー Talisker »

2006年10月18日 (水)

スコットランドサッカー短信19 CLグループリーグ3試合目

欧州チャンピオンズリーグの1次リーグのセルティックが属するF組の試合が10月17日夜(日本時間の18日早朝)に行われたその結果を示す。

2006年10月17日
  セルティック  3-0 ベンフィカ
  マンU     3-0 コペンハーゲン

グレートブリテン島の2クラブはそろって3-0で快勝。大陸の2チームは、ケルトとヴァイキングの地の一つから来たにも関わらず、彼らの先祖とは違い勝利を得ることはできなかった。

セルティック先発  
GK           ボルッツ
DF テルファー、コールドウェル、マクマナス、ネイラー
MF 中 村 、レノン、スノー、マローニー
FW       ズラウスキ、ミラー
途中交代 ズラウスキ→ヤロシク、スノー→ピアソン

5万8千人が歌う You'll never walk alone が醸す最高の雰囲気の中で試合は始まった。火曜の夜8時45分開始の試合でほぼスタジアムが満員になることがうらやましい。
セルティックは前半から試合を押し気味に進めるが、ベンフィカもカウンターで応酬し、前半0-0で終了。マローニーのアクロバティックなジャンピングボレーとかネイラーのロングシュートとか見所は沢山あった。
後半は56分にマローニー→ネイラー→中村のシュートミス→そのボールをミラーがなんとか足に当てて押し込むというパターンでセルティック先制。その直後にベンフィカのシュートをセルティックのクロスバーがブロックして助かる(笑)。
更に66分、セルティックゴール前の混戦からこぼれたボールを中村が足で落としてミラー→マローニー、ドリブルで走って→ミラーに戻してシュート。快足の二人で取った点である。2-0とリードは広がる。
終了も近くなって投入されたピアソン。マローニー→ミラーとつないで、中村がペナルティエリアからシュート。キーパーがはじいたボールがピアソンの前にこぼれて、たたきつけたボレーが決まりゴール。3-0でセルティック快勝。

グループF順位
順位 勝ち点 得失点差 クラブ
  1         9          5        マンU
  2         6          3        セルティック
  3         1       -4        コペンハーゲン
  3         1       -4        ベンフィカ

次節は11月1日。次の対戦が行われる。
  ベンフィカ      - セルティック
  コペンハーゲン  - マンU

マンUは勝てば次節で勝ち抜けが決まる。また、引き分けでもベンフィカ-セルティック戦が引き分けかセルティックの勝ちならそれでも勝ち抜けが決まる。
セルティックは勝っても、マンUが勝つか、引き分けの結果を残してくれないと勝ち抜けが確定しない。

|

« ”Tè bheag”について | トップページ | タリスカー Talisker »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88375/12327915

この記事へのトラックバック一覧です: スコットランドサッカー短信19 CLグループリーグ3試合目:

« ”Tè bheag”について | トップページ | タリスカー Talisker »