« スコットランド地名研究本 8 | トップページ | 関西ハイランドゲームズ2006 »

2006年10月22日 (日)

SPL06/07 第11節 セルティック勝利、中村はアシスト

SPLは第11節で、セルティックはホームでマザーウェルと対戦した。中村は2点の両方に絡み、彼のすばらしいスルーパスから生まれた2点だった。ただ、チーム全体としてのできはイマイチだったように感じた。

 10月21日(土) セルティック 2-1 マザーウェル

今日のセルティックの先発メンバーは次の通り
GK         ボルッツ
DF テルファー、コールドウェル、マクマナス、ネイラー
MF 中村、レノン、スノー、マローニー
FW       ミラー、ズラウスキ

控え 
GK マーシャル
DF バルデ、オジェー
MF マギーディ、ピアソン、ヤロシク
FW ライオダン

ケガで、グラヴェセン、ヘッセリンクは出場できない。最近安定しているスノー、マローニーが先発。火曜のCLのメンバーと同じとなった。

マザーウェルのキックオフで試合開始。
開始早々は、セルティックが快足のミラーを使うプレーでマザーウェルのゴールに迫った。そして、15分に中村からズラウスキへ素晴らしいスルーパス。ゴール前でキーパーをかわしてシュート。DFの足にあたって入ったのでオウンゴールだったけど、中村のパスもズラウスキの動きもよかった。
しばらく動きがよかったスノーだったが、ズラウスキへのパスミスやらマローニーからのパスを受け損ねたりと少しずつまわりとかみ合わなくなった。。
42分には、マローニーのシュートが決まったかに見えたが、ミラーのハンドでファールを取られた。おしかった。
中村は守備にも奮闘。FKとCKの精度がイマイチと感じる。CKがイマイチと感じるかな。

マザーウェルは20分に左サイドからクロス→マクドナルドのヘディングシュートと決定的なチャンスを作ったり、何度かゴールを脅かすプレーがあった。

後半の開始直後は積極的なマザーウェル。しばらくはマザーウェルペース。セルティックは個々の運動量が落ちて、連動性が悪くなっているような感じ。調子の悪いマローニーが、マギーディと交代。
65分に中村からズラウスキにこれまた美しいスルーパス。DFと競ったが、冷静にズラウスキが決めた。74分にミラーがヤロシクと交代。集中力を欠いた守備で、セルティックが失点。マークをすっかり忘れていた。2-1。77分にスノーとピアソンが交代。
84分に中村→ピアソン→ヤロシク→ピアソンがシュートというきれいな攻めがあった。しかし、3人の交代のあと、リズムが悪くなったしボールが落ち着かなくなった。
試合はこのまま終了。勝ったけど、内容はイマイチだったなぁ。

|

« スコットランド地名研究本 8 | トップページ | 関西ハイランドゲームズ2006 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88375/12370916

この記事へのトラックバック一覧です: SPL06/07 第11節 セルティック勝利、中村はアシスト:

« スコットランド地名研究本 8 | トップページ | 関西ハイランドゲームズ2006 »