« スコットランドサッカー短信20 UEFAカップグループステージ1試合目 | トップページ | SPL06/07 第11節 セルティック勝利、中村はアシスト »

2006年10月21日 (土)

スコットランド地名研究本 8

スコットランドの地名の由来を研究した本の紹介シリーズその8である。八冊もあるのか~と自分でも驚いている(笑)。

   書 名: Scotland's PLACE-NAMES
   著 者: David Dorward
   出版社: Mercat Press ISBN:1-873644-50-7
   出版年: 1995,1998,2001年
   総ページ数:160ページ
   価 格: 9.99英ポンド

この本は1979年に出版されている同名の本の改訂版である。その本については、このリンクを参照いただきたい。

簡潔に地名の要素をアルファベット順で丁寧に説明するスタイルは変わっていない。例えば、河口という意味の Aber という項目をあげると、その意味を述べて、それが使われている地名を紹介し、さらにその意味を詳しく紹介するというスタイルなのである。それが以前の本より紹介されている地名の例が増えている。これがとてもうれしい。

ページ数が61ページから160ページへと大幅に増えているのは、この地名の紹介例が増えているからと言って差し支えあるまい。読んでいてとても参考になる本へと変貌を遂げている。

そして、一部に解釈の変更も見られる。
以前の本では、Lochnagar を Loch na Gaire で、”岩の露出した湖”としていたのを”叫びもしくはうなりの湖”としているし、Ben Nevis の Nevis をケルト語の水に由来するとしていたのを、今回は”毒もしくは悪意”としている。モルトウイスキー大全にとっては不利な変更がなされているようだ。
Scotlandsplacenames

|

« スコットランドサッカー短信20 UEFAカップグループステージ1試合目 | トップページ | SPL06/07 第11節 セルティック勝利、中村はアシスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88375/12347020

この記事へのトラックバック一覧です: スコットランド地名研究本 8:

« スコットランドサッカー短信20 UEFAカップグループステージ1試合目 | トップページ | SPL06/07 第11節 セルティック勝利、中村はアシスト »