« 英国人の先祖は7千年前にスペインからやってきた | トップページ | トーモア Tormore »

2006年11月17日 (金)

英国の鉄器時代はケルト人によってもたらされた?

最近、ケルト人は本当に大挙して大陸から英国諸島にやってきたのか?ってことに関心があって、いろいろ本を読んだりネットで検索して、いくつか記事を書いた。

このところ、全くの門外漢なのに、遺伝子解析の論文を読んでみた。手法が正しいかどうかを判定するほどの理解をしていないので、この結果が受け入れられるモノかどうかわからないけれど、2004年にでたとても面白い論文を読んだ。

前に、英国の新石器時代は、約7000年ぐらい前にイベリア半島からやってきた人々によってもたらされた可能性が高いことやその後にアングロサクソンやヴァイキングの侵入はあっても、いわゆる中部ヨーロッパのケルト人が大挙してやってきた痕跡は見あたらないという遺伝子解析の記事を紹介した。

今回読んだ論文も、以前の記事に取り上げられていた学者とは全く異なるのに、それと対応するような内容となっていた。ますます、中部ヨーロッパにいたケルト人は、英国諸島にやってきていないという説が有力になっていると思える。

ミトコンドリアDNAの解析、Y染色体の解析、常染色体解析を組み合わせて行う解析を実施して、どのような人的移動があったかを明らかにしようとしているものであった。

北イベリア半島から西フランスをへて西ノルウェーとアイルランド、ブリテン島には、古くから共通の性質が見られることがわかり、石器時代からの共通の遺伝子があることを指摘している。また、現在ケルト語を話す地域の人々と中央ヨーロッパの人々とは、大きなつながりがなく、ブリテン諸島に鉄器時代をもたらしたのは中央ヨーロッパからやってきた”ケルト人”であるというアイデアは、ミトコンドリアDNAからもY染色体からも支持されないということを指摘している論文なのである。

ブリテン諸島に鉄器時代をもたらしたのは、中央ヨーロッパからやってきたケルト人であるというのはほとんど考古学的な裏付けがないことと、さら最近は、それを否定するような遺伝子解析の結果もあるから、さらに深い解析をやってみたという主旨のことがこの論文のイントロに書いてあって、まさにわたしが知りたかったことを検証していたという印象を受けたのだ。

きっとこれから先は、考古学者も鉄器時代がどうやってブリテン諸島で始まったかについて、中央ヨーロッパ出身のケルト人が持ってきたというのとは別の視点で考えてくれるだろう。

|

« 英国人の先祖は7千年前にスペインからやってきた | トップページ | トーモア Tormore »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88375/12663466

この記事へのトラックバック一覧です: 英国の鉄器時代はケルト人によってもたらされた?:

« 英国人の先祖は7千年前にスペインからやってきた | トップページ | トーモア Tormore »