« スコットランドサッカー短信22 UEFAカップグループステージ2試合目 | トップページ | SPL06/07 第13節 セルティック”サヨナラ勝ち”中村は活躍できず »

2006年11月 4日 (土)

トマーチン Tomatin

これも、地名、蒸留所名、ウイスキーのブランド名である。
蒸留所の意味は”ネズの木の丘”で間違いがないだろう。しかし、この蒸留所の水源となっている Allt-na-Frithe(英語名オルタナフリス、ゲール語名オウルタナフリー)の意味を蒸留所もモルトウイスキー大全も「自由の小川」と訳しているが、これが違うのではないかと思われる。

解釈例
1)ゲール語で、ネズの木の茂る丘 モルトウイスキー大全にはつづりがない
         他の出典から Tom aitionn ト(ウ)マチョン Tom aitinn ト(ウ)マチン

意味は、”ネズの木の丘”で決まりだろう。
ただし、ゲール語のつづりとしては、Tom aitionn と Tom aitinn の2種類見られた。ただし、辞書で確認すると、Owenの辞書では、ネズの木は aiteann で属格は aiteainn としていたが、Dwellyの辞書では、ネズの木を aitionn その属格を aitinn としている。後者の方が英語の発音にも近いつづりがでるし、わたしはこちらを押しておきたい。

気になったのは、Allt-na-Frithe である。ゲール語で読めば、オウルタナフリーである。alltは、小川だし、na は f で始まる女性名詞につく定冠詞の属格形であるので、Frithe の小川となって、フリーの小川→自由の小川と勘違いあるいは意図的に解釈しているのではないかと思っている。
Fritheについては、下に意味をあげたように、名詞では”(鹿のいる)森”という意味の属格形であるので、”鹿のいる森を流れる小川”ってことになる。
これの他にも、Bruach na Frithe とつづり slope of the deer forest(鹿の森の斜面)という意味の地名がスカイ島にはある。これで Frithe が自由を表していないってことがわかっていただけるだろうか? 必ずしも蒸留所のいうことはアテにならない例がまた一つ増えたと思っている。

原出典は以下の通り

1-1)ゲール語で「ネズの木が茂る丘」
  土屋守:改訂版 モルトウイスキー大全(小学館)2002年 P242-243.

1-2)'juniper hillock'
  Tom(Gaelic) hilllock, knoll; aitionn(Gaelic) juniper.
  Nicola Wood 著 : SCOTTISH PLACE NAMES 1989年 P89.

1-3)"Juniper Hill"
  Tom (Scottish Gaelic - hill) aitionn (Scottish Gaelic - juniper).
  http://www.peatfreak.com/art-distillery-names-pronunciation.php

1-4)Tomatin (Inverness), Tom Aitinn.
  "Juniper hillock".
  http://www.scottish.parliament.uk/vli/language/gaelic/pdfs/placenamesP-Z.pdf

1-5)'juniper knoll'
  Tom aitionn
  David Dorward 著 : Scotland's Place-Names 1979年 P47.

1-6)'juniper knoll'
  Tom aitionn
  David Dorward 著 : Scotland's Place-Names 1995年 P136.

1-7)'Mound(tom) [of the] juniper(aitionn)'
  Mike Darton 著: The Dictionary of Place Names in Scotland New Editon 1994年 P273.

1-8)'Juniper hill'.
  Tom(Scottish Gaelic )'hill, knoll', aitionn(Scottish Gaelic) 'juniper'.
  David Ross 著 : Scottish Place-Names 2001年 P212.

1-9)'juniper hill'.
  Tom(Scottish Gaelic )'hill or knoll', aitionn(Scottish Gaelic) 'juniper'.
  George Mackay 著 : Scottish Place Names 2000年 P90.

辞書
aiteann n (achan) -eainn m juniper
--
frith n (free) -e, -ean f deer forest.
R. C. Owen 著 : The Modern Gaelic-English Dictionary(1993), P58.
--
aiteann see aitionn
aitionn, -inn, s.m. Juniper(plant).
E. Dwelly 著 : The illustrated Gaelic to Engilish Dictionary(1994), P25

辞書サイト
aitionn juniper, Irish aiteann, Old Irish aitenn, 以下略
--
frith nf. g.+e; pl.+ean, forest, deer forest
http://www.ceantar.org/cgi-bin/search.cgi

|

« スコットランドサッカー短信22 UEFAカップグループステージ2試合目 | トップページ | SPL06/07 第13節 セルティック”サヨナラ勝ち”中村は活躍できず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88375/12471148

この記事へのトラックバック一覧です: トマーチン Tomatin:

« スコットランドサッカー短信22 UEFAカップグループステージ2試合目 | トップページ | SPL06/07 第13節 セルティック”サヨナラ勝ち”中村は活躍できず »