« スコットランドサッカー短信27 UEFAカップグループステージ第4節 | トップページ | SPL06/07 第17節 セルティック辛勝 中村目立たず »

2006年12月 3日 (日)

グレンリベット ナデューラ?

最近バーで飲んで結構おいしいなぁと感じたボトル。
香りもよくて、甘い香りがして、カスクストレングスの強いアルコールをかいくぐるとおいしい甘みがする。熟成が16年、高いアルコール度数。でも、熟成感は通常の18年のボトルより高い感じがする。
本当においしいウイスキーだった。

でも、この名前 Nàdurra ナデューラ に素朴な疑問がある。
まずは、日本語でグレンリベットの公式サイトでその名前の由来をみてみよう。
 http://www.theglenlivet.jp/introduction/lineup/
”ゲール語で「ナチュラル」の意”だそうだ。

手元の辞書で意味を確認すると nàdurra がない!
nàdur n (nahtar) m nature
nàdurrach a (nahtarakh) natural
Robert C. Owen : The Modern Gaelic - English Dictionary, Gairm(1993), P84.
これから、発音は nàdur がナータ(ル)、nàdurrach がナータラッハと発音されることがわかる。nàdurraの最初のaの上についている`は、長母音の印だから、ナーと伸ばすのが自然なのだ。du が ta のように発音されるのは単語の中にあるから。語頭だったら da や du などと発音されていただろう。このあたりのルールは、下記にすでに書いたことがある。
http://bailebeag.cocolog-nifty.com/scotland/2005/07/post_8b8e.html

辞書サイトで検索してみると発音が書いていないが単語は見つかった。
nàdur nm. g.v. -uir; pl.+an, nature
nàdurra a. natural
http://www.ceantar.org/Dicts/MF2/mf09.html#MF.N

これで、nàdur の形容詞形辞書によって違うということで、方言によって幾分異なると理解できる。発音記号は書いていないが、これもちゃんと長母音の印があるので、ナータラあるいはナーチュラと発音するはずである。

別のサイトには、さらに異なるつづりまであった。
natural nàdarra
http://www.smo.uhi.ac.uk/gaidhlig/faclair/sbg/lorg.php?facal=nadarra&seorsa=Gaidhlig&tairg=Lorg&eis_saor=on

これなら発音はナータラとなる。

んで、よっく考えてみたら、nàdurra と書いてナデューラと読ませるってことは、単語はゲール語から持ってきて、発音は英語だったということ。意味はゲール語だと書いてあったが、読み方がゲール語か英語かは書いていないし。

|

« スコットランドサッカー短信27 UEFAカップグループステージ第4節 | トップページ | SPL06/07 第17節 セルティック辛勝 中村目立たず »

コメント

今回のオチは面白かったです(^^♪このボトルもいついったときかは忘れましたが免税店限定品とかでヒースローかどっかで買ったような気がします。でも相変わらずの未開封なんですよねー。

投稿: pengo | 2006年12月11日 (月) 01:45

免税点限定のはアルコール分48%だったのではないでしょうか?
いま出荷されているのは、57%ぐらいのカスクストレングス版なんです。

ふふっほしくなってきませんか?新しいのも(笑)。

投稿: nanba | 2006年12月11日 (月) 09:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88375/12913865

この記事へのトラックバック一覧です: グレンリベット ナデューラ?:

« スコットランドサッカー短信27 UEFAカップグループステージ第4節 | トップページ | SPL06/07 第17節 セルティック辛勝 中村目立たず »