« スコットランドサッカー短信28 SFAカップの日程と1回戦結果 | トップページ | SMWS No.125認定テイスティング会(大阪) »

2006年12月 8日 (金)

スコットランドサッカー短信29 CLグループリーグ第6節

欧州チャンピオンズリーグのグループリーグ。セルティックが属するF組の試合が12月6日夜(日本時間の7日早朝)に行われた。その結果を示す。

2006年12月6日(水)
  コペンハーゲン 3-1 セルティック
  マンU     3-1 ベンフィカ
もう結果を知っている方が多いと思うが、サッカーは本当にホームチームが勝つことが多いと感じる。

セルティックは、中村、テルファーなどを先発からはずして試合に臨んだ。

セルティック先発  
GK         ボルッツ
DF ウイルソン、バルデ、マクマナス、ネイラー
MF グラヴェセン、レノン、ヤロシク、マギーディ
FW      ズラウスキ、ミラー
控え
GK マーシャル
DF テルファー、オジェー(73分 マクマナスと交代))
MF 中村(68分 グラヴェセンと交代)、ピアソン(68分 マギーディと交代)
FW ライオダン、スノー

セルティックは、開始1分25秒で失点するとそのままリズムを取り戻せず、27分、57分と失点した。中村を休ませたいという監督の意向だったらしいが、この試合に負けてもノックアウトステージ進出が決まっているチームのパフォーマンスが上がらなかった。
中村が後半20分すぎにでてくると、チームの雰囲気ががらっと変わり、果敢に相手ゴールに攻める姿勢も見せるようになって、74分にはヤロシクのゴールも決まった。中村のシュートもあったが、キーパー正面でゴールはならなかった。

グループF最終順位
順位 勝ち点 得失点差 クラブ
  1        12         5        マンU
  2         9       -1        セルティック
  3         7       -1        ベンフィカ
  4         7       -5        コペンハーゲン

グループFの最終順位はこのようになった。おおかたの予想はマンUとベンフィカが勝ち抜けると思っていただろうが、セルティックが番狂わせを演出したといっていいだろう。
本当は、コペンハーゲン戦も勝って1位通過してほしかったが、贅沢は言っていられない。2位通過となったことで、チェルシー、ミラン、バイエルン、バレンシア、リバプール、アーセナル、リヨンのどれかと対戦することになる。どのチームも強豪であるのは間違いない。

2月20日に始まるノックアウトステージも一つでも多く勝ってほしい。

|

« スコットランドサッカー短信28 SFAカップの日程と1回戦結果 | トップページ | SMWS No.125認定テイスティング会(大阪) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88375/12978861

この記事へのトラックバック一覧です: スコットランドサッカー短信29 CLグループリーグ第6節:

« スコットランドサッカー短信28 SFAカップの日程と1回戦結果 | トップページ | SMWS No.125認定テイスティング会(大阪) »