« SPL06/07 第20節 セルティック勝利 | トップページ | SPL06/07 第21節 セルティック引き分け、中村MOM »

2006年12月25日 (月)

フィガロ・ジャポン 7月20日号

女性のファッションがメインだと思っていたこの雑誌を手に取ることなんて全くと言っていいほどない。でも、のりこさんのブログ”スコットランド日記”で、小さいながらもスコットランド特集があると教えていただいて、バックナンバーを取り寄せたのだ。
古い雑誌について記事を書いているのは、こういう訳があったのだ。

雑誌の外見からは、わたしのようなおっさんが手に取るような雑誌ではないとすぐわかる(笑)。綴じ込み特集に「スコットランド、夏のいち日。」というのがあった。雑誌全体にほとんど必要なところがなかったので、綴じ込みだけを丁寧にラジオペンチではずして、雑誌本体と綴じ込み特集の両方を綴じ直した。

特集はエディンバラ、メルローズ、ダンケルド&バーナム、ピトロッホリー、バラターという町を紹介。エディンバラの他は日本人にとっては、結構マイナーな町かもしれない。
でも、小さな町で本当に行きたくなるような気になるお店、ホテル、パブ、レストラン、町の様子を伝えている。なかなかいい特集だと思った。
エディンバラのパブ、タスやピトロッホリーの蒸留所や町の様子など、結構懐かしく見ることもできた。そして、メルローズやダンケルド&バーナムとかに行ってみたいなぁと思う今日この頃である。

わたしの大事な保存版の一つになった。のりこさん、ありがとう。

写真は、左が綴じ込み特集号を取り出した物、右が7/20号(7月5日発売)の表紙。
Photo_4

|

« SPL06/07 第20節 セルティック勝利 | トップページ | SPL06/07 第21節 セルティック引き分け、中村MOM »

コメント

お久しぶりです!のりこです。
フィガロ・ジャポンの特集、nanbaさんに気に入ってもらえてとてもうれしいです!(って私が書いたワケでもないのですけど)バックナンバーを取り寄せると聞いたとき、「どうしよう、ページ数少なくてnanbaさんががっかりしはったら・・・」って少し心配だったんですけど、これで一安心(ホッ)。
それにしてもこの特集を作られた方・・すごい!文章が素敵だし、写真もいい感じ。スコットランドの豊かな部分がふんだんに表現されていると思います。だからと言って過大評価してないと思うし。私もこんな風に「スコットランドっていいな~」って思ってもらえるような日記を書いていきたいです。

実は今、日本に里帰りしています。こちらでいろいろ用事があって、なかなか日記が更新できません(泣)。写真撮りだめして、日本でも更新しようと思ってるのに~!

投稿: のりこ | 2006年12月25日 (月) 17:34

フィガロ・ジャポンのこの特集記事はなんども読み返しています。いい記事ですよね。

そして、のりこさんのブログもスコットランドはいいところだなぁってほんとによく伝わりますよ。これからも更新がとても楽しみです。

投稿: nanba | 2006年12月26日 (火) 08:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88375/13169834

この記事へのトラックバック一覧です: フィガロ・ジャポン 7月20日号:

« SPL06/07 第20節 セルティック勝利 | トップページ | SPL06/07 第21節 セルティック引き分け、中村MOM »