« スコットランドサッカー短信30 SFAカップ2回戦結果 | トップページ | SPL06/07第18節結果と次節予定 »

2006年12月11日 (月)

SPL06/07 第18節 セルティック勝利、中村途中交代

SPL第18節セルティックはアウェイで最下位のダンファームラインと対戦した。
ダンファームラインは最下位であるが、前半の守備は非常によくセルティックは苦戦した。また、0-2とリードしていたロスタイムに、右サイドの守備が甘く、きれいなクロスをあげるのを許して、失点した。このあたりのつめの甘さをなくさないとヨーロッパで勝ち進めないんじゃないかと心配される。

 12月10日(日) ダンファームライン 1-2 セルティック
  得点 マギーディ49分 ズラウスキ68分

今日のセルティックの先発メンバーは次の通り
GK         ボルッツ
DF ウイルソン、バルデ、オジェー、ネイラー
MF 中村、レノン、ヤロシク、マギーディ
FW      ズラウスキ、ミラー

控え 
GK マーシャル
DF テルファー
MF グラヴェセン(75分 ズラウスキと交代)、
   スノー(88分 レノンと交代)、ピアソン
FW ライオダン(75分 中村と交代)、オブライエン

試合は、ダンファームラインの堅い守備に苦しんだセルティックが、ボールを持ってもなかなか相手を崩せず、特に前半、効果的な攻撃ができなった。また、せっかくチャンスを作っても決定的なところで、決められなかった。ごらぁミラー、って感じ(笑)。
後半になって49分、相手陣の左奥でパスを受けたミラーから、マギーディにボールがわたり、ドリブルで一人抜いてゴールを決めた。
また、68分には中村のFKから、いったんクリアされかけたがレノンが拾って、ペナルティエリアの枠の上、中央付近にいたズラウスキにパス。振り向きざまのシュートが決まって0-2とリード。やっと安心してみていられるようになった。ん~日本じゃ、中村が得点の起点となったとか報道されるんだろうなぁ。この試合もここ数試合と同じように、決定的な仕事ができていないような気がする。
しかし、もうすぐ終了というところで、右サイドの守備があまくなり失点。ゴールが決まったところで試合終了。なんともしまらないゲームとなってしまった。

試合終了後は、あまい守備をしたマギーディを責めていたように見えたレノン。二人は口論をはじめて、最後はレノンがマギーディを突き飛ばしていた。勝ったのになんとも後味の悪い試合となってしまった。

|

« スコットランドサッカー短信30 SFAカップ2回戦結果 | トップページ | SPL06/07第18節結果と次節予定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88375/13023947

この記事へのトラックバック一覧です: SPL06/07 第18節 セルティック勝利、中村途中交代:

« スコットランドサッカー短信30 SFAカップ2回戦結果 | トップページ | SPL06/07第18節結果と次節予定 »