« ゲール語の先生求む ノヴァ・スコシア | トップページ | スコットランドがでてくる映画100 »

2007年1月26日 (金)

サマローリ Coilltean もゲール語?

Silvano Samaroli氏が代表を務める Coilltean International という会社があって、Samaroli(サマローリ)と呼ばれるボトラーズもののウイスキーを出している。その中に、会社名を冠された coilltean というシリーズのボトルがある。マッカラン、ハイランドパーク、タリスカーなどがあって、いずれもとてもおいしいウイスキーとなっている。

この Coiltean について、最初はイタリア語だろうとなんとなく思っていたし、それ以上考えてもいなかった。でも、ゲール語の辞書をつらつら見ていたときに、ゲール語でもきちんとした意味になることがわかった。ただし、イタリア語やその他のヨーロッパの言語をよく知らないので、本当にゲール語で解釈することが正しいのかについては、100%の自信があるわけではない。

でも、下記の辞書サイトにあげた意味を見てほしい。
coilltean を見ると coille を見ろと書いてあって、coille を見ると、木、小森、森というような意味があり、その複数形が coilltean であると示されている。

すると、ゲール語 coilltean は、英語で woods のような意味だと考えられ、”森”という意味にとっておけばよいだろうと思われる。

日本語のサイトでは、コイルティーンやコールテーンなどと書かれていることが多いようであるが、ゲール語で読むなら Coilltean は”コールチャン”のように読むのだと思う。
英語やイタリア語でどう読むかはよく知らない。

ゲール語で”森”という名前なら、ウイスキーをボトリングして販売する会社としてはそれらしい意味を持っていると感じられるのではないだろうか。妙に喜んでいる自分がいるのだが、本当のところをご存じの方がいらしたらぜひ教えてほしい。

辞書サイトによる説明
coille nf. pl. coilltean, wood, grove, forest
coilltean See coille
http://www.ceantar.org/Dicts/search.html

|

« ゲール語の先生求む ノヴァ・スコシア | トップページ | スコットランドがでてくる映画100 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88375/13627732

この記事へのトラックバック一覧です: サマローリ Coilltean もゲール語?:

« ゲール語の先生求む ノヴァ・スコシア | トップページ | スコットランドがでてくる映画100 »