« ボビー 映画になる! | トップページ | スコットランドサッカー短信45 レンジャース16強! »

2007年2月23日 (金)

クイーンズイングリッシュの本家はインヴァネス?

そんなアホなって思うでしょ?

http://news.scotsman.com/inverness.cfm?id=226022007

↑の記事をご覧いただきたい。
インヴァネスで話される英語が、最も美しいクイーンズイングリッシュだったと書かれている。それもごく最近まで、英国ではそのように認識されていたそうだ。

そういえば、英王室では、子供の頃をスコットランドで過ごさせて、ちゃんとした発音を身につけさせると聞いたことがあった。って、クイーンズイングリッシュは、イングランドではなく、スコットランドの発音だったってこと?!

ってな疑問も、上記の記事を読めばわかる。
ごく最近まで、インヴァネスではメロディを奏でるような美しい発音のクイーンズイングリッシュが主体だったのだそうだ。それが、北東地域からの人々の移住と”スコットランド人としての意識”が、クイーンズイングリッシュではなくスコッツ(ゲール語ではなく、英語の一種。発音が結構違う。)を話す人々の増加となっているそうだ。

わたし、インヴァネスで話される言葉がもはやクイーンズイングリッシュではないことではなくて、インヴァネスでは、最近までクイーンズイングリッシュが話されていたことに結構びっくりしたのであった。

みなさん ご存じでした?

|

« ボビー 映画になる! | トップページ | スコットランドサッカー短信45 レンジャース16強! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88375/14009459

この記事へのトラックバック一覧です: クイーンズイングリッシュの本家はインヴァネス?:

« ボビー 映画になる! | トップページ | スコットランドサッカー短信45 レンジャース16強! »