« 英国は育つのに最悪な場所? | トップページ | SPL06/07 順位表とアシストランキングなど »

2007年2月21日 (水)

スコットランドサッカー短信44 CL セルティック-ミラン 引き分け

欧州チャンピオンズリーグのノックアウトステージ。第一レグが2月20日夜(日本時間の21日早朝)に行われた。その結果を示す。

2007年2月20日(火)
  セルティック 0-0 ACミラン

セルティックはスコアレスドロー。負けなかったこと、相手に得点を許さなかったことをポジティヴに理解しておきたい。今度は、アウェイであるが、ぜひとも勝利してほしい。

お互いにゴール前に迫るけれど、得点に至らないゲームだった。中村は、前半に一度、後半にも一度、いい位置からFKを蹴るチャンスがあったが、前半はおしいシュートをキーパーにキャッチされ、後半は枠に飛ばなかった。

ミランの守備陣はさすがに出足鋭く、セルティックの攻撃を食い止めていた。特に、マギーディには、全く仕事をさせなかったし、中村に対してはファールやむなしで、とにかく、パスをさせないようにしていた。

また、ミラーやヘッセリンクがけがから復帰したばかりで、動きがイマイチだったのも、気になった。

全体としては、やはり自力はミランが上と思わせる試合であった。

それにしても、セルティックパークの観客はすばらしい。自チームへの応援の歓声、拍手はすさまじく大きく、相手へのブーイングも容赦ない。そして、良いプレーには両者に拍手。
なんともうらやましいスタジアムである。

|

« 英国は育つのに最悪な場所? | トップページ | SPL06/07 順位表とアシストランキングなど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88375/13994397

この記事へのトラックバック一覧です: スコットランドサッカー短信44 CL セルティック-ミラン 引き分け:

« 英国は育つのに最悪な場所? | トップページ | SPL06/07 順位表とアシストランキングなど »