« ケネスモント Kennethmont | トップページ | サマータイム 25日から実施 »

2007年3月22日 (木)

ゲール語担当大臣交代

ときどきのぞくゲール語関連サイトの一つに Save Gaelic というサイトがある。

メーリングリストもあって、ときどきメールがやってくる。今日届いたメールは、”ゲール語担当大臣”の交代だった。

スコットランド政府には、ゲール語担当の大臣(Minister for Gaelic) がいるのだということをはじめて知ったりした。

今度の大臣は、Patricia Ferguson という女性の方で、スコットランド議員でもある。この方が
どのような政策を打ち出してくれるかわからないけれど、スコットランドでゲール語が生き残るようにがんばってほしい。

このサイトでは、ゲール語がプリントされたTシャツやマグカップなども売っている。スコットランドに行くときに、A bheil Gaidhlig agaibh? (あなたはゲール語を話しますか?)や Bruidhinn rium sa' ghaidhlig.(わたしにゲール語で話してください)なんて、プリントされたTシャツを着ていくのも楽しいかもしれないと思っている今日このごろ。

|

« ケネスモント Kennethmont | トップページ | サマータイム 25日から実施 »

コメント

それはきっと変な外人扱いされそうでお勧めしませんねー(^^♪だって日本語で「あなたは関西弁を話しますか?」(ちょっとニュアンスは違うけど)なんて書いてあるスコットランド人なんて変じゃない?でもその担当大臣はゲールゴを話せるのかしら?それともこれから勉強するのかしら?

投稿: pengo | 2007年3月23日 (金) 12:17

ん~だめですかね。

だって、スコットランドでも90%以上の方がなにが書いてあるかわかんないんですよ。そして、わかっている方には話しかけて欲しい訳です。

駄目ですかね、やっぱり(苦笑)。

投稿: nanba | 2007年3月24日 (土) 01:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88375/14352805

この記事へのトラックバック一覧です: ゲール語担当大臣交代:

« ケネスモント Kennethmont | トップページ | サマータイム 25日から実施 »