« スコットランドサッカー短信55 ユーロ2008予選B組5試合目 | トップページ | スカイブリッジ12年の影響 »

2007年3月26日 (月)

スコットランドサッカー短信56 FIFAランキング16位

demaさんからのコメントで教えてもらった。スコットランドのFIFAランキングが大きく上昇していたのだ。それは、ランキングの計算方法が変わったこととユーロ2008の予選が始まったことが大きくきいている。ワールドカップについで、ポイントの高い大会だから。
他の大陸で、大陸チャンピオンを決める大会が本格化していないのもきいている。もうすぐ、南米選手権が始まるので、そうなると南米の国が順位を上げる可能性もある。

それはおいておくとしても、表を見てもらえれば、スコットランドがこの一年で60位ぐらいから16位まで大きく順位をあげたことがわかるだろう。ユーロ2008の予選でいま首位にいるのが大きくきいていると思う。

今後も注目していこうと思う。

 月  順位 ポイント
 03 16  911
 02 20  854
 01 26  847
 12 24  847
 11 24  847
 10 25  810
 09 34  746
 08 40  677
 07 41  677
 --計算方法変更--
 06 ワールドカップ
 05 59  576
 04 62  564
 03 62  567
 02 61  571
 01 60  572

|

« スコットランドサッカー短信55 ユーロ2008予選B組5試合目 | トップページ | スカイブリッジ12年の影響 »

コメント

続けてコメントさせていただきます。
日本が20位以内に入っていたときも思ってましたが、このランキングってあんまりあてにならないなって感じします。
残念ながら、今のスコットランドの実力は30位前後が妥当じゃないかと個人的には思います。
まあ、深く考えないで楽しめばいいんでしょうね。
ランキングよりも、U20のワールドカップ出場は意義あると思います。若手が育ってきていると考えていいのでしょうね。
とにかく28日のイタリア戦はドキドキハラハラです。

投稿: dema | 2007年3月27日 (火) 00:44

このランキングは、計算の仕組みがわかっているとそれなりに納得できます。

かつては全く役に立ちませでした(笑)。98年フランスワールドカップ前に、日本は9位までいったんですよ。当時の岡田監督がずっこけたそうです。

その後の改良でも、国際Aマッチの親善試合の回数が多くて、それなりに勝っているとどんどんランキングがあがっていたからです。貧乏で、国際Aマッチが、大陸チャンピオンを決めるカップ戦とワールドカップ予選しか戦えなかった実力あるアフリカの国などがとても低い順位だったのはそのためです。

現在は、大陸チャンピオン戦とワールドカップの戦績重視、親善試合はほとんど影響しないというように変わりましたので、それなりに実力を反映します。去年~今年にかけて、アフリカと南米は大陸チャンピオン戦がなく、ヨーロッパだけでしたから、ヨーロッパの国の順位があがったということです。からくりがわかっていても贔屓の国の順位があがるのは楽しいですよね(笑)

スコットランドは、その代表のほとんどがイングランドのプレミアリーグのクラブに所属しているし、若手が結果を出してきているので、今後が楽しみです。

でも、とにかく28日ですわ。がんばれスコットランド!!

投稿: nanba | 2007年3月27日 (火) 08:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88375/14402908

この記事へのトラックバック一覧です: スコットランドサッカー短信56 FIFAランキング16位:

« スコットランドサッカー短信55 ユーロ2008予選B組5試合目 | トップページ | スカイブリッジ12年の影響 »