« スコットランドサッカー短信57 ユーロ2008予選B組6試合目 | トップページ | SPL06/07 第32節 セルティック引き分け 中村はゴール »

2007年3月30日 (金)

求むバイリンガル!?

こんなニュースがBBCであった。

http://news.bbc.co.uk/1/hi/scotland/highlands_and_islands/6506769.stm

求められている言語は、東ヨーロッパの言語(特にポーランド語)、中国語、ベンガル語。後者の二つはかつての植民地からの移民の関係。ポーランド語については、EUの域内で労働者が自由に働けるようになってから、インヴァネスを中心とした北ハイランドにポーランド人が沢山やってくるようになったからだそうである。

そんなところに仕事はあるのか?という疑問はさておき、現実の問題としては、英語が十分に話せない場合もあるので、医療などで困る場合があるのだという。そして、その人々を助けられるほど両方の言語に通じた人が欲しいということである。

このニュースではないが、沢山のポーランド人がやってきたことで、地元民との間のトラブルなども増えているそうである。EU拡大はいいことばかりではない側面でもあるような気がする。

ただ、サッカーのクラブチームにもポーランド人が増えてくれば、それはクラブの新しいファン開拓にもなる。いくつかのクラブががんばっているようだ。

ん~ゲール語復活が遠くなるかもなぁとも感じる今日この頃。

|

« スコットランドサッカー短信57 ユーロ2008予選B組6試合目 | トップページ | SPL06/07 第32節 セルティック引き分け 中村はゴール »

コメント

お久しぶりです!
ちょうどこの話題に関するドキュメンタリー番組が一昨日あって、私が住んでいるDundeeにもポーランド人が多いことから少し考えさせられてしまいました。ポーランド人の友達がこのあいだ「スコットランドでは1ポンドでパンが1つ買えるとすると、ポーランドでは1ポンドで4つも買えるのよ!」と物価の違いを教えてくれました。そのうえ、先日のドキュメンタリー番組では「スコットランドでの給料はポーランドの3倍」とも言っていたし、イギリスで英ポンドを稼げばそれだけ自国での生活が安定するんだ・・だからこんなにたくさんのポーランド人がやってくるんだ・・これでは東欧諸国の人材の流入はますます加速するばかりやねっと思いました。ちなみに、フォート・ウィリアムにも300人くらいいるそうです。

投稿: のりこ | 2007年3月31日 (土) 16:57

こんにちは

ポーランド人がたくさんやってきて、英国人の失業率があがるとかはないんですかね?

医療や教育を含めた行政のサービスも難しくなるし、いいことばかりではないなぁ、拡大EUも。EU各国の経済レベルがそろうまでこういうことが続くわけですし。

PS 今日はダンディU-セルティック戦をスタジアムでごらんになってました?テレビに日本人女性の姿が映ってましたよ。

投稿: nanba | 2007年3月31日 (土) 23:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88375/14457388

この記事へのトラックバック一覧です: 求むバイリンガル!?:

« スコットランドサッカー短信57 ユーロ2008予選B組6試合目 | トップページ | SPL06/07 第32節 セルティック引き分け 中村はゴール »