« SPL06/07第32節結果と次節以降の予定 | トップページ | スペイサイド・グレンリベット・ウォーター »

2007年4月 3日 (火)

ポーランドからの出稼ぎ

先日、EU域内の労働自由化でハイランドに、沢山のポーランド人労働者がやってきているというニュースがあるということを書いた。

http://bailebeag.cocolog-nifty.com/scotland/2007/03/post_ffb6.html

そして、たまたま読んだ日曜日(4月1日)発売のビッグイシューには、ポーランドからEUに国内に向けて沢山の労働者がでていっている現状が紹介してあった。

15%近い失業率、貧しい生活から逃れようと、EU各国に散っていくポーランド人労働者達。少し前には、ポーランド人の配管工がフランス人の仕事を奪っていると宣伝していた政治家もいたっけ。ビッグイシューには、自分の子供を孤児院に捨てていってまで、豊かになろうとする大人もすなからずいることや、出稼ぎ先とポーランド両方に妻と子供がいる男や、長くベルギーにいる子供達の中には、ポーランドの首都はブリュッセルだと思っている子供がいるなど、悲しくなるようなことが書いてあった。

ハイランドに沢山やってきたポーランド人達は、きっと母国よりも豊かな生活が送れるようになったのだろう。でも、近い将来に、母国でも出稼ぎ先のハイランドでも、摩擦になること間違いなしと感じられることが悲しい。

|

« SPL06/07第32節結果と次節以降の予定 | トップページ | スペイサイド・グレンリベット・ウォーター »

コメント

イギリス在住の知人に聞いた話によりますとポーランド人はその人たちの専門分野での高い技術をもっているので重宝されるそうです。同じ中央ヨーロッパでもハンガリーだったでしょうか、その国からの人たちは技術もあまりないらしく来てもらっても困るということでした。スコットランドにもポーランドの人行ってるんですね。そういえば2005年、ダンディのイタリア料理屋ではポーランド人女性に給仕してもらいましたよ。

投稿: 益子奈己 | 2007年4月 3日 (火) 14:41

益子さん コメントありがとうございます。

ポーランドからは高い技術を持っている方が多くきているのですね。でも、そういう方々ばかりでないのは、レストランで給仕をされている方もいらっしゃることからわかります。

ビッグイシューが入手できるのでしたら、ぜひ一度目を通してみてください。問題点を大きく書いてあるのかもしれませんが、よい面ばかりでないことを教えてくれました。

投稿: nanba | 2007年4月 6日 (金) 09:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88375/14498687

この記事へのトラックバック一覧です: ポーランドからの出稼ぎ:

« SPL06/07第32節結果と次節以降の予定 | トップページ | スペイサイド・グレンリベット・ウォーター »