« ”ガリア戦記” | トップページ | SPL06/07第37節の結果と次節予定 »

2007年5月13日 (日)

SPL06/07 第37節 セルティックホーム最終戦勝利

スコットランドプレミアリーグ第37節で、すでに優勝を決めているセルティックはホームでアバディーンと対戦して勝利した。

 5月12日(土) セルティック 2-1 アバディーン
          得点 ヘッセリンク 33、49分

今日のセルティックの先発メンバーは次の通り
GK        ボルッツ
DF ペリエ・ドウンベ、マクマナス、ケネディ、ネイラー
MF 中村、レノン、ハートリー、ライオダン
FW     ヘッセリンク、ミラー
控え 
GK ブラウン
DF オデェ、コールドウェル(88分レノンと交代)
MF グラヴェセン、ブジャルナソン、マギーディ(61分 ライオダンと交代)
FW ビーティ(72分 ミラーと交代)、

スタッツの左がセルティック
Possession 67% 33%
Shots on target 10 7
Shots off target 4 4
Corners 5 8
Fouls 7 8

もう優勝も決まっているし、気合いを入れてみていられなかったので、簡単に。
スタッツにもあるように、ゲールを支配したのはセルティック。
33分にヘッセリンクが決めて先制。

その後37分に、ケネディが軽率なプレーでPKを与えたが、ボルッツがスーパーセーブ。これを決められていたら、この試合は勝てなかったかもしれない。

しかし、41分には、これまた軽率なDFから失点。来期の強化ポイントだと思うな~。

後半は、始まってすぐの49分にニュースや新聞にもあったとおり、中村からハートリー → ヘッセリンクとわたってゴールが決まった。
やはり便りになるのは、悪人顔のヘッセリンクである(笑)。

本当は、中村にゴールを決めてほしかった、何本かシュートを打っていたが決まらなかった。次節の最終戦で是非得点を決めてリーグで10得点を達成してほしい。アシストランキングは、2位とは差があるので、アシスト王は確定的だし。

試合終了後は、この試合が最後となったレノンが観客席に手を振ってお別れ。あと1シーズンイングランドでプレーした後、指導者の道を進むそうだ。今後の彼の活躍を祈りたい。

|

« ”ガリア戦記” | トップページ | SPL06/07第37節の結果と次節予定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88375/15061861

この記事へのトラックバック一覧です: SPL06/07 第37節 セルティックホーム最終戦勝利:

« ”ガリア戦記” | トップページ | SPL06/07第37節の結果と次節予定 »