« 歴史体験ベスト5 in Scotland | トップページ | スコットランドU-20 コスタリカにも敗れ全敗 »

2007年7月 7日 (土)

見たよ「ユアン少年と小さな英雄」

スコットランドについて知っている方ならボビーを知らないはずはないって記事をかいて、ボビーが映画になったことを前に紹介した。

やっと見ることができた。まず、公式サイトはこちら。
http://www.yuanshonen.com/

映画館のサイトはこちら。
http://www.cinelibre.jp/koube/

神戸のシネ・リーブルで見たけれど、土曜だというのに11:00からの1回しか上映がないのは、やはり不人気だったのだろうか?

映画は、19世紀のエディンバラの生活をよく描いていた。オールドタウンの不衛生で貧しい生活だ。パンフレットをみてわかったことは、エディンバラの19世紀を描くには、エディンバラは変化しすぎていたため、スターリング城を使ったということ。
最初のシーンでも、スターリング城の中庭にセットをつくったのだそうだ。それを読んでからみたので、あ~そうだ、見たことある~という感じで妙に懐かしかった。

そして、ボビーの演技はかわいいの究極だった(笑)。
ボビーのことを知らなくても、犬好きの人だったら、めちゃんこ楽しめる映画であること間違いなし。

13日で終わりだそうなので、まだの方はどうぞ見てください。

|

« 歴史体験ベスト5 in Scotland | トップページ | スコットランドU-20 コスタリカにも敗れ全敗 »

コメント

あら、もう終わっちゃいましたね。単館映画は早く見ないとすぐに終わってしまいますものね。銀河鉄道999の新しいのも結構短くて最終的に変なスーパーの中にある映画館でみた記憶があります。アメリは人気だったんで良かったけど、女の人いっぱいで落ち着かなかったなー。

この映画はDVDで見るしかないですね。犬好きではありませんが(#^.^#)

投稿: pengo | 2007年7月 8日 (日) 20:50

この映画はなかなかおもしろかったですよ。
ボビーについては、ちょっと過剰な映像もありますが、それもまたすごく”かわいい”感じになっていていいんですよ~。

投稿: nanba | 2007年7月 8日 (日) 23:52

札幌は7月21日(土)〜8月3日(金)の上映だそうで〜す!シアター・キノという小さい映画館で一日1回の上映。うちの事務所から近いので行きやすいです。

ボビーのカワイさも楽しみですが、スコットランド訛りも楽しみ〜。

投稿: eriko | 2007年7月10日 (火) 14:20

亀レスでごめんなさい。

やっぱり札幌でも1日1回の上映ですか~。
もっと世界3大忠犬を宣伝しないといけまんせね。
(フランダースの犬、ボビー、ハチ公だそうで)

スコットランド訛りも楽しめるはずですが、幾分マイルドな訛りと感じました(笑)。

投稿: nanba | 2007年7月12日 (木) 11:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88375/15682485

この記事へのトラックバック一覧です: 見たよ「ユアン少年と小さな英雄」:

« 歴史体験ベスト5 in Scotland | トップページ | スコットランドU-20 コスタリカにも敗れ全敗 »