« シェットランドの2000年前の遺跡 | トップページ | SMWSサマーボトリングテイスティング »

2007年7月 1日 (日)

カレドニア学会公開講座 スコットランドはおいしい

昨年度から始まったこの公開講座。3回の連続講座になっていて今年のテーマは”スコットランドはおいしい”。第一回にも参加していて、その様子はこちらに書いている。

http://bailebeag.cocolog-nifty.com/scotland/2007/06/post_1ec0.html

その第3回が昨日(6月30日)に開催された。
13:30~14:50 講師:土屋守(スコッチ文化研究所代表)
           スコッチウィスキーの歴史と現状
15:10~16:30 講師:竹鶴威(ニッカウヰスキー株式会社相談役)
           日本のウィスキーの歩み

スコッチウイスキーの全体的な歴史を土屋氏がお話され、ニッカというか竹鶴政孝氏の歴史を竹鶴威氏がお話された。

竹鶴威さんのお話を聞くのは初めてということもあって、楽しみにしていたのだが、その期待を裏切らないお話が聞けた。

# リタさんと竹鶴政孝の話は、涙もんだった。

竹鶴政孝のそばにいなければ聞けなかったようなことをお伝えしてくれた。
ニッカが宮城に蒸留所をつくるときのこと。余市ではハイランドウイスキーのようなウイスキーが作れるので、ローランドウイスキーのようなウイスキーをつくるために宮城県を選んだそうだ。水のきれいな新川のほとりに土地を見つけたときには、地主がだれかもわからない土地だったのに、一度見に来てもらったところ、ブラックニッカをグラスにいれ、そのグラスに川の水をそのままついで、「うまい!ここにしろ!」と即断されたそうだ。
威氏にとっては、誰の土地かもわからない段階でここにしろって言われてもね~と笑ってお話されていた。

「ウイスキーの仕事は恋人のようなもの。大好きな恋人のためならどんな苦労もいとわない。だから、いまの仕事は苦労と思ったことがない。」 
 
わたしのメモ書きが正しいかどうか自信がないけれど、竹鶴政孝さん日経新聞にこんな言葉を残しているそうだ。感動。

2001年にブラインドテストでウイスキーマガジンが余市を Best of the best に選んだときに、英国の新聞は、そのことを大きく報道したというのに、日本のマスコミはほとんど取り上げなかったそうだ。勉強しろ、マスコミ~と腹がたったりしたけれど、スコッチをしのぐほどの評価を得はじめているジャパニーズウイスキー。その黎明期からの苦労話を聞けて本当によかった。

ぜひ、関西でもぜひやってほしいという内容だった!

|

« シェットランドの2000年前の遺跡 | トップページ | SMWSサマーボトリングテイスティング »

コメント

nanbaさんのおっしゃるとおりだと思います。でもやっぱり日本のwhiskyは現状を考えるとまだまだ一般的ではないかもしれませんね。逆に日本酒の品評会で海外の物がいい成績を収めればもっと騒がれるかもしれません。浸透度の問題かしら。相撲も外国人力士が話題になるくらいですものね。関心度、かな?

ところで確かサントリー派?のnanbaさん。Nikkaの方々と接してみていかがでしょうか。個人的によりwhiskyに思い入れが強い方が多いのがNikkaの気がしませんか?もちろんサントリーも同じなのかもしれませんが、COOLで表に出てきませんよね。PengoはそんなNikkaが大好きです(^^♪

投稿: pengo | 2007年7月 1日 (日) 12:15

わたしは、NIKKA派でもなく、サントリー派でもありませんよ~(笑い)。
わたしがお会いするサントリーの方々も、ニッカの方々と同じように真剣にウイスキーに向き合っている方々ばかりです。おいしいウイスキーをつくるために、求道者のような姿勢をもっていると思いますよ。

でも、両社とも、スコットランドで若い時期をウイスキーを勉強するために過ごした一人の青年の夢によってウイスキーを作り始めることができたなんて、とてもいい話じゃありませんか。

そして、その夢をもつ青年を好きになったリタさんとの話はずっと語り続けてほしいと願っています。

わたしは、どっちも好きですよ。

投稿: nanba | 2007年7月 1日 (日) 14:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88375/15611955

この記事へのトラックバック一覧です: カレドニア学会公開講座 スコットランドはおいしい:

« シェットランドの2000年前の遺跡 | トップページ | SMWSサマーボトリングテイスティング »