« 美しい Loch ベスト5 in Scotland | トップページ | SPL07/08 第1節 SPL開幕 セルティックは引き分け »

2007年8月 1日 (水)

スコットランドを語る会 2007.08.01

日本スコットランド協会(Japan Scotland Society, 略称JSS)は、もちろんたくさんの活動をしているけれど、その中のひとつにスコットランドを語る会というのがある(東京でしか開催されないのが、唯一の欠点)。2ヶ月に1度もたれるこの会に、やっと参加することができた。
 
講師が「サントリー」品質保証部長・三鍋さんで、この会の開催場所は、ニッカウヰスキー本社地下にある「うすけぼー」というあたりが、JSS主催の会のすばらしいところだと思う。参加者は講師を含めて21名だった。JSS関西のアフタヌーンティの会をお茶ではなく、お酒と軽い食事で行うというイメージだろうか。

お話されたのは「スコッチウイスキーはどこからきたか」ということ。まずは、スコッチウイスキーとはということで、丁寧に説明されたあとで、ブリティッシュアイルズにどのようにして蒸留の手法が伝わったかを定説と三鍋さんの説の両方を説明された。

スコッチウイスキーの発酵工程で、もともと使われていたのはエール酵母、しかし、徐々にウイスキー酵母が使われるようになって味を悪くしていった。しかし、日本では、エール酵母を使うことによって、だんだんと味が良くなってきた、という説明には大いに納得。

しかし、蒸留技術の伝播については、もうちょっと詳しく聞きたかったなぁ。時間切れが惜しい。

|

« 美しい Loch ベスト5 in Scotland | トップページ | SPL07/08 第1節 SPL開幕 セルティックは引き分け »

コメント

そういわれてみればそうですね。イベントは大体大都市中心で大阪でもまだ恵まれているほうですよー。OKAYAMAなんて…でも東京に住みたいとは思わないのは関西出身の人の常でしょうか。

面白いお話だったようですね。この集まりは夜されたのですか?なのに出席しているnanbaさんのフットワークの軽さには驚きます(^^♪あー、東京に飲みに行こうかしら。お店もぐるっと回ってねー。

投稿: pengo | 2007年8月 2日 (木) 13:38

お疲れさまでした。なかなか三鍋さんの熱い話は良かったでしょ。しかしいい話ですねぇ。A酵母万歳!

投稿: ネーハイタフネス | 2007年8月 3日 (金) 13:53

pengoさん
わたしは東京もそんなに嫌いじゃありませんから大丈夫です(笑)。
東京にいく出張がたまたまあっただけですから、フットワークがよいわけではないようです(笑)。

ネーハイタフネスさん
三鍋さんのお話はとても興味深いものでした。一度、関西でもお話してほしいなぁと思ったりしてます。

投稿: nanba | 2007年8月 4日 (土) 10:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88375/15981033

この記事へのトラックバック一覧です: スコットランドを語る会 2007.08.01:

« 美しい Loch ベスト5 in Scotland | トップページ | SPL07/08 第1節 SPL開幕 セルティックは引き分け »