« スコットランドを語る会 2007.08.01 | トップページ | SPL07/08 第1節結果と次節予定 »

2007年8月 6日 (月)

SPL07/08 第1節 SPL開幕 セルティックは引き分け

スコティッシュプレミアリーグ(SPL)07/08シーズンが8月4日から始まった。セルティックは、昨年と同じくキルマーノックと初戦を戦ったが、引き分けに終わった。

8月5日(日) セルティック 0-0 キルマーノック

先発
GK ブラウン
DF ウイルソン、ケネディ、マクマナス、ネイラー
MF ハートリー、ドナティ、ブラウン、マギーディ
FW ヘッセリンク、ズラウスキ

控え
GK マクガヴァン
DF コールドウェル、オデェ
MF スノ、中村(63分ドナティと交代)
FW ミラー、キレン(63分ズラウスキと交代)

放送開始すぐに現地アナウンサーが、中村はアジアカップがあってもどったばかりだからベンチスタートって説明していた。やはり注目の選手になったんだなぁと実感。
ボルッツは怪我をしてしまい、あと2週間はかかるだろうとのこと。それとGKのブラウンにMFのブラウンってのはややこしい。

前半10分までで何度かゴール前で惜しいチャンスをつくるセルティックだが、ゴール前でのプレーがいまいちで、ゴールを奪えない。ごらぁフリーだぞ、ヘッセリンク。
17分には、クリアミスからセンターライン付近から相手をフリーにしてしまい、あわやというシーンだった。ゴール前まで長い距離を走ってきたウィルソンがなんとかタックルでクリア。ふ~っ。
28分には、スルーパスに抜けたズラウスキがペナルティエリア、ゴール正面からGKにパス。ごらぁ。直後にキルマーノックのファウラーが負傷交代。
36分、38分と立て続けにチャンスをつかむセルティック。なぜゴールにならん?
44分には、DFケネディのシュートがクロスバーをたたく、ん~ストレスフルなまま前半終了。だけど、右SBのウイルソンとかはよくやっている。若いのにM字ハゲの兆候が顕著なマギーディはいまいち。

後半開始直後からも攻めまくるセルティック。ゴール正面からのハートリーのヘディングシュートもGK正面。左でも右でもちょいずれていればゴールという感じ。
後半5分にはキルマーノックのヘイがこれまた負傷交代。これでもう2人が交代、気の毒。後半9分にもズラウスキは、シュートをGKに当てる。ごら、サッカーはボールをGKに当てるゲームじゃねぇぞ。
後半18分には、中村とキレンが、それぞれドナティとズラウスキと交代。中村の登場、そしてボールタッチでスタジアムが大きく沸く。まさにスターだと感じさせる。
後半22分に中村が直接FKでゴールを狙うもゴール右上に外れる。直後に”足払い”をかけたマギーディにイエローカード。
後半30分には、中村が左サイドからFKでゴール前にボールを供給。信じられないことだが、ワンバウンドするボールに誰も触れず。押し込むチャンスだったのに~。
36分には、FKを直接狙うと見せてゴール右にふわっと浮くボールを供給する中村。でも、ゴールは割れない。
キルマーノックは防戦一方で、守備に専心。幾多のCKがあれども、ちっともゴールにならないセルティック。そのまま終了。

ポゼッションは60%もあったセルティック。攻めまくったセルティック。攻撃の形がなかったわけではない。決定力が全くなかったのだ。去年からの改善点が変わっていないと感じた。このままでは、チャンピオンズリーグ予選3回戦で対戦するロシア最強のスパルタク・モスクワ(彼らは、ちょうどシーズンの真ん中(19試合終了)で、チームは完成している。しかも今シーズンも首位!)に勝てるんだろうか?ものすご~く心配になった試合であった。

|

« スコットランドを語る会 2007.08.01 | トップページ | SPL07/08 第1節結果と次節予定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88375/16032464

この記事へのトラックバック一覧です: SPL07/08 第1節 SPL開幕 セルティックは引き分け:

« スコットランドを語る会 2007.08.01 | トップページ | SPL07/08 第1節結果と次節予定 »