« スコットランドサッカー短信86 UEFAカップグループB日程 | トップページ | スコットランドサッカー短信88 ユーロ2008予選B組10月13日結果 »

2007年10月12日 (金)

スコットランドサッカー短信87 セルティックとジダに処分

10月3日夜(日本時間4日早朝)に行われたUEFAチャンピオンズリーググループステージD組のセルティック-ミラン戦で起きた一人のファンのピッチへの侵入とミランGKジダが不自然に倒れ交代した件で、UEFAの Disciplinary and Control Body(規律統率委員会とでも訳せばいいか?)は、その処分を11日に発表した。

ジダに対して、UEFAが主催するクラブの試合に2試合出場禁止処分。これは、事実上チャンピオンズリーグの試合に2試合でられないことを意味する。

クラブとしてのセルティックについて、罰金6万スイスフラン(35760ユーロ)。ただし、半額はすぐに支払い、残りの半額については、向こう2年間に同様の事件が起こったときに、その事件の罰金に上乗せする形で支払うというもの(つまり2年間何もなければ半額の支払いですむ)。

不服がある場合は、処分通知後3日以内にその旨提出されなければならない。
ミランはどうやら処分軽減を求めるらしいが、セルティックは受け入れることを表明した。

セルティックの声明はかっこよかった。
http://www.celticfc.net/news/stories/news_111007175801.aspx

その概略は以下のようなもの。
 ○この処分は妥当で受け入れる。
 ○この件は、重大な事案として受け止め、原因調査しその結果を
  すばやく実行する。
 ○セルティックFCは安全面などに最大限の努力をし、セルティック
  パークは最もすばらしいUEFAチャンピオンズリーグ開催地の
  ひとつとしてあり続ける。

6万スイスフラン(35760ユーロ)の半額は3万スイスフラン。1スイスフラン=約99円なんで面倒だから1スイスフランを100円で計算すると約300万円の罰金ということになる。最悪の場合は、再試合や勝ち点没収なども可能性としてはあっただけに、とりあえず300万円の罰金ですんだことで、セルティック関係者やサポーターはほっとしていることだろう。

警備の体制と気持ちを切り替えてサッカーに戻ろう!

|

« スコットランドサッカー短信86 UEFAカップグループB日程 | トップページ | スコットランドサッカー短信88 ユーロ2008予選B組10月13日結果 »

コメント

こんにちは

やっぱりジダのあれは演技だったのでしょうか。
それにしても不思議です。
なんでしばらく追いかけてから倒れるなんていう見え見えの演技をしたのでしょう。
不自然なのわかりそうなのに。

投稿: dema | 2007年10月13日 (土) 21:14

なんであんな”猿芝居”したんでしょうね。
ミランが処分に対して、不服申し立てをしているので、そのときに何かわかるかもしれません。

投稿: nanba | 2007年10月14日 (日) 09:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88375/16737145

この記事へのトラックバック一覧です: スコットランドサッカー短信87 セルティックとジダに処分:

« スコットランドサッカー短信86 UEFAカップグループB日程 | トップページ | スコットランドサッカー短信88 ユーロ2008予選B組10月13日結果 »