« スパゲティ明太風味荒ほぐし鮭マスカルポーネソース | トップページ | サマータイム終了 »

2007年10月28日 (日)

SPL07/08 第11節 セルティック勝利はしたものの中村は不調のまま

スコティッシュプレミアリーグ07/08の第11節、セルティックはホームにマザーウェルを迎えて、3-0のという見かけ上のスコアでは快勝。チームの守備には大いに不安のまま、そして、中村のプアなパフォーマンスも不安なままである。

10月27日(土) セルティック 3-0 マザーウェル
     得点 マクドナルド 42,59,88(PK)分

先発
GK ボルッツ
DF コールドウェル、ケネディ、マクマナス、ネイラー
MF 中村、ブラウン、ハートリー、マギーディ
FW キレン、マクドナルド

控え
GK ブラウン
DF オデェ
MF スノ、ヤロシク、ドナーティ(86分中村と交代)
FW ライオダン、オブライエン

ヘッセリンクもズラウスキもいないFW。ドゥンベもウイルソンもいないSB。けが人だらけで、本当に今シーズンは乗り切れるんだろうか?

まずこの試合のマッチスタッツを見ていただこう。左がセルティック、右がマザーウェルのデータ。
 ポゼッション 57% 43%
 枠内シュート数 10 5
 枠外シュート数 4 4
 コーナーキック数 10 7
 ファール数 6 14
これだけだとセルティックが圧倒していたように見える。しかし、本当はセルティックのDFもざるざるで、マザーウェルがそれに輪をかけたようにざるざるだったってところが本当なのだ。この守備ではヨーロッパと戦うのは難しいと感じた。レンジャースの守備がヨーロッパでも通用しそうなのとは正反対。

そして、中村についてはもっと心配。足の具合がよくないままに出場を続けているためだろうか。体に切れを感じない。ときどき光るパスはあるし、精度の良いコーナーキックを蹴っていたが、彼の場合は、それがいくつも続かないと彼らしいと感じない。ノーマークでゴール前に持ち込んだのに、自ら滑ってこけてしまったり、FKを何度か壁にぶつけたりとあまりに彼らしくなかった。ただし、おいキレン、サッカーはボールをキーパーにぶつけたり、ポストにぶつけるゲームじゃねーぞってことも2度ならず3度もあったりして、そのパス元が中村だったりしただけに、キレンに決定力があればセルティックはあと3点ぐらい取っていただろうし、そうすれば、もうちょっと中村の評価も高かっただろうって思えたりもするので、まぁ、次節に期待したい。

その前に、10月31日(水)にはCISカップ4回戦でセルティックはハーツと対戦する。そこで、復活してほしい。

|

« スパゲティ明太風味荒ほぐし鮭マスカルポーネソース | トップページ | サマータイム終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88375/16924378

この記事へのトラックバック一覧です: SPL07/08 第11節 セルティック勝利はしたものの中村は不調のまま:

« スパゲティ明太風味荒ほぐし鮭マスカルポーネソース | トップページ | サマータイム終了 »