« SPL07/08 第20節結果と次節予定 | トップページ | Bliadhna mhath ur »

2007年12月31日 (月)

2007年のモルトウイスキー

2007年最後の日に今年飲んだウイスキーでベストと思うものをあげておこう。

今年発売された中ではつぎのようなもの

オフィシャル15年未満
マッカラングランレザルバ12年
個人的には”マッカラン復活の味”なんではないだろうかと感じた。

オフィシャル15年以上
ベンリアック40年
神の味(いいすぎ?(笑))。シェリー酒樽とバーボン樽を絶妙にバッティングしてある。

ボトラーズ
Dewar Rattray Bowmore 14YO
Dave Broom がボウモア復活の証といっていたのがわかる。

今年発売されたわけではないが、わたしが今年飲んだ中では次のボトルもすごくよかった。

Bowmore 1957 38YO
もうこんなボウモアは飲めないのだろうか。本当においしいボウモアだった。現行12年はおいしいけれど、15年以上にはこの味はない。がんばれボウモア。

Macallan 1962 25YO
今年、父と母と一緒に飲んだウイスキー。わたしを生んでくれた年に蒸留され、二人に学校をだしてもらった年にボトリングされたウイスキーで、そして就職して20年になった年に父と母と飲めたことに感謝。
もちろん、味についていうことはない。ゴールデンプロミス前、スパニッシュオーク前のマッカランは今と全く異なる絶妙の味がする。

今年もおいしいウイスキーを沢山飲めた。たとえば、ベンリアックのリミテッドリリースもの。ベンリアックのUK限定版も楽しめた。

来年もおいしいウイスキーで出会えますように。

|

« SPL07/08 第20節結果と次節予定 | トップページ | Bliadhna mhath ur »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88375/17534483

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年のモルトウイスキー:

« SPL07/08 第20節結果と次節予定 | トップページ | Bliadhna mhath ur »