« スコットランドサッカー短信100 UEFAカップグループB 3試合目 | トップページ | ハギスハント2007始まる »

2007年12月 1日 (土)

”シングルモルト蒸留所紀行 -時をせき止める男たち-”

最近、ウイスキーに関係した本ばかり読んでいるような気がするが(苦笑)、またまたこんな本を読んだ。

書名:シングルモルト蒸留所紀行 -時を止める男たち-
著者:山田 健  写真:上原 勇
発行:たる出版(2005/05)
ISBN-10: 4924713805
ISBN-13: 978-4924713802
単行本: 18.6 x 13 x 1.8 cm 243ページ

紹介されている蒸留所は、その順番にラフロイグ、マッカラン、グレンフィディック、ボウモア、オーヘントッシャン、グレンドロナック、スキャパ、山崎・白州である。これで、著者はサントリー関係者とすぐにわかるだろう(笑)。テレビの”世界銘酒紀行”がアサヒビール・ニッカウヰスキーに関係している醸造所や蒸留所しかでてこないのと同じようなものだと感じる。

この本蒸留所の所長クラスからマスターブレンダーに相当するような方々にじっくりインタビューして各蒸留所を紹介している。この姿勢はとてもよい。各蒸留所のウイスキー作りの違いがよくわかるから。

山崎蒸留所について記述するときに、あいかわらず竹鶴政孝の名前を一切書かない態度には閉口するし、ヴァイキングやゲール語に関する記述では明らかな間違いもあるが、当時の各蒸留所トップへのインタビューだと割り切って読めば結構楽しい(笑)。

そうかイアンヘンダーソンがアイラを離れたのは、そんな理由だったのかなんてことがわかるだろう。それだけでも読んだかいがあったように感じた。
Singlemalt_kikou

|

« スコットランドサッカー短信100 UEFAカップグループB 3試合目 | トップページ | ハギスハント2007始まる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88375/17222912

この記事へのトラックバック一覧です: ”シングルモルト蒸留所紀行 -時をせき止める男たち-”:

« スコットランドサッカー短信100 UEFAカップグループB 3試合目 | トップページ | ハギスハント2007始まる »