« スコットランドサッカー短信111 SFAカップ4回戦結果と5回戦組み合わせ | トップページ | スコットランドサッカー短信112 SFAカップ5回戦結果と6回戦組み合わせ »

2008年1月30日 (水)

Linkwood 1669 & 1983

先日とあるバー(といってもバレバレでしょうが(笑))でテイスティング。
ボトルは次の2本。

Linkwood-Glenlivet
 distilled 1969
 bottled 1991
 55.8% 750ml
 Cadenhead for Dival di Gabbri, Italy

ケイデンヘッドのイタリア向けのもの。熟成は21年か22年か。
色が結構赤い!昔のシェリー酒樽のウイスキーだと感じさせる。
開栓したてだったためか、最初のころはなにやら頼りない感じ。そして、シェリー酒を飲んでいるようなウイスキーだと感じた。
しかし、すこし時間を置いておくと、良いシェリー酒樽のこれまたよいところをもらってきたことがよくわかる香りと味になった。いい!最初はなかった複雑な味わいを口に運んでくれた。
そして長いアフター。
ちょっと加水しても同じように素敵でした。
これにめぐり合えたら、なるべくゆっくり飲まれたほうがよいと思います。

Linkwood
  Flora & Fauna Cask Strength
 distilled 1983
 bottled 1997
 59.8% 700ml
色はとってもゴールド。
香りはいいけど、なにか気になるものが一つある、なに?って印象。セメダインっぽい?
口に含んでも同じ印象。おいしい、とてもおいしいが、口にちょびっとセメダインっぽさを感じてしまう。
マスターは、すっかり80年代の味になってしまっているとおっしゃっていたがそういうことか?
クエスチョンマークばかりで参考になりませんね、これじゃ(笑)。
こっちのウイスキーから飲んだからか、印象に残っているはやはり1969だった。

この日のテイスティングには、”濃~い”メンバーが10人ほど集まっていました。濃くなかったのは、わたしだけかも(?)。いや~すごいメンバーだった。

テイスティングの後は、チーズとビールとてんでばらばらにウイスキーをキャッシュオンデリバリーで楽しみ、ウイスキー談義に花をさかせておりました。

これを入手してくだった某Mさん、よんでくださったマスター、楽しいお話を聞かせてくださったみなさん、ありがとうございました。


写真暗くてごめんなさい。Linkwood_1969_1983

|

« スコットランドサッカー短信111 SFAカップ4回戦結果と5回戦組み合わせ | トップページ | スコットランドサッカー短信112 SFAカップ5回戦結果と6回戦組み合わせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88375/17896403

この記事へのトラックバック一覧です: Linkwood 1669 & 1983:

« スコットランドサッカー短信111 SFAカップ4回戦結果と5回戦組み合わせ | トップページ | スコットランドサッカー短信112 SFAカップ5回戦結果と6回戦組み合わせ »