« Ardbeg Ten 97点 | トップページ | スコットランドサッカー短信116 セルティックCL敗退 »

2008年3月 4日 (火)

Ardbeg Almost There の比較

もうちょっとで10年で本当に熟成するということで、すぐそこに来ているというぐらいの意味だろうか。

実は、この Ardbeg Almost There には、最近になって英国で発売されたもののほうが日本で発売されたものよりもずっとおいしいという噂があった。

では、確かめてみようということで、Ardbeg Ten を頼んだときに、一緒に注文したのがこれ。

日本のラベルがついている Ardbeg Almost There と飲み比べてみた。これもいつもお世話になっているバーでお願いした。

飲んでみたところ、確かに違うっちゃ~違うけれど、Ardbeg 10 のときほど、はっきりくっきりわかる違いではない、と感じた。

皆さんも、このUKマークがついているものやついていた痕跡があったものを見つけたら、日本で発売されたもののとの違いがあるかどうか実験してみてはどうでしょう?

写真はUKマークつきの almost there と国内流通の almost there
Ardbegalmostthere_uk_3Ardbegalmostthere_kokunai_ura_2 

|

« Ardbeg Ten 97点 | トップページ | スコットランドサッカー短信116 セルティックCL敗退 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88375/40368746

この記事へのトラックバック一覧です: Ardbeg Almost There の比較:

« Ardbeg Ten 97点 | トップページ | スコットランドサッカー短信116 セルティックCL敗退 »