« U-20世界ラグビー選手権予選リーグ スコットランドの結果 | トップページ | Native tongue »

2009年6月15日 (月)

スコットランドサッカー輸入は成功する?

去年から気になって気になってしょうがないサッカー監督人事があった。

それは、ジェフユナイテッド千葉のミラー監督。

彼の経歴は、このサイトを見てもらえればわかると思うように、スコットランド人なのだ。
レンジャースで選手時代をすごし、いくつかのチームで監督を経験し、スコットランド代表とイングランドのリバプールでコーチをしてジェフにやってきた。

グラスゴーのパンプデンパークにあるフットボール博物館に行った時には、「世界がスコットランドと同じサッカーをしていた」と誇らしげに書いてあったのを思い出して、このスコットランド人監督が、ベルデニックやオシムのように日本サッカーに新しい何かをもたらせるのかに注目してこれまでも見てきたつもり。

テレビでジェフの試合を見ていると試合の前後にパグパイプの音が聞こえることがある。昨年度は奇跡といえるぐらいのJ1残留を果たしたジェフは、今シーズンも苦戦が続いている。スコットランド人監督がどう復活させるのか、今後も注目していきたい。

|

« U-20世界ラグビー選手権予選リーグ スコットランドの結果 | トップページ | Native tongue »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88375/45343928

この記事へのトラックバック一覧です: スコットランドサッカー輸入は成功する?:

« U-20世界ラグビー選手権予選リーグ スコットランドの結果 | トップページ | Native tongue »