2008年6月 8日 (日)

今度はビール工場見学

仙台市のお隣の名取市。ここには、サッポロビールの工場がある。でも、仙台工場だし、英語でも Sendai Brewery と表記してある。ニッカ(蒸留所ができたときには宮城町でまだ仙台市に合併されていなかった)に引き続き、ここでも仙台が好きなようだ(笑)。

土日祝日は、予約していなくても見学が受け付けてもらえる。

名取駅を降りるとすぐそこは、サッポロビールの仙台ビール園がある。受付にいくと、本当は一人では見学をさせてもらえないそうだが、もう一組見学があって、その方々と一緒ならOKということであった。もちろんこちらに異存はない。

お昼前に13時からの見学を予約して、見学までは仙台ビール園でジンギスカン!おなかいっぱい。そして、3種のビールを比較。ご飯もありますので、お申し付けください、といわれたものの、ラム肉と野菜とビールでおなかいっぱいでごはんなんぞ食べられません。おなかいっぱい。え~そうですともジンギスカン食べ放題なんてこの年でやるもんではありませんね(反省)。でも、おいしゅうございました。ごちそうさま。

そして、工場そばのビオトープの界隈をおなかを少し減らすために散歩してから受付へ。

待っていると、声をかけてくるちょっとえらそうな人がいた。わたしがしているギネスビールの携帯ストラップが気になったらしい。この携帯ストラップは目立つらしい。この間もディアジオの営業の方にバーでこの携帯ストラップをみて声をかけていただいた。

でも、時間だというのにあと一組が来ない。。。
結果的には先に出発したが、4人の家族連れはすぐに追いついてきたのでほっとした。わたしだけでは申し訳なくて。

休日には工場はお休みしているけれど、原材料、発酵、貯酒の工程を丁寧に説明してもらった。ウイスキーと共通しているもののもあるけれど、モルトの扱いや貯酒の工程などが結構違うなと感じた。
また、古い時代からのポスターや歴史の説明にも感動。長嶋茂雄もサッポロビールのポスターに登場していたんだ。

試飲のときには、黒ラベルを飲ませていただいた。
そこで、再び、さきほどの偉い方が登場。名刺をいただくとなんと工場長さんでございました(汗)。
さらに、お話をお伺いすると学部は違うものの大学の先輩で、わたしの会社の先輩とはラグビー部で4年間一緒だったんだというお話をしてくださった。工場長さんは、ギネスの携帯ストラップをみたときには、声をかけなければならないと感じたのはやはり縁だったんだとおっしゃってくださったが、本当にびっくりだった。

お世話になりました。

写真は次の通り。
1)ビール工場全景
2)見学用の棟
3)ビール園でのテイスティングセット
20080608_0120080608_02 20080608_03 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月15日 (土)

”アイルランドが産んだ黒いビール”

 昨日はギネスビールが好きだと書いた。つい最近発行された下記の本(2005年10月1日発行)を読んだ。
guinness_book_1  GUINNESS アイルランドが産んだ黒いビール
  こゆるぎ次郎 著 
  小学館 ISBN4-09-343157-4
  定価 1700円+税
  A5版 178ページ
アイルランドゲール語の理解不足によるつまらない間違いはいくつかあるものの、ギネスビールそのものだけでなく、ビールの歴史、アイルランドの歴史と文化、ビールの製法などを含めて紹介しており、とてもよくできたギネスビール紹介本だと思う。ダブリンのパブの様子などはもちろん、英国ケント州でのホップ生産の様子まで紹介してくれている。
 ギネス好きとしては、恥ずかしながらこれまで知らなかったことがあった。ギネスビールに入れられているガスの正体である。窒素7割+二酸化炭素3割だった。詳細は本を読んでいただくとして窒素ガスが泡を細かくクリーミーにしているというのは正直驚きだった。
 それと、ドラフトギネスの缶ビールにはウィジェットと言われるプラスチックの玉が含まれている。これは、パブで飲むような細かい泡がでるように500万ポンド(約10億 円!)をかけて開発されたものだったのだ!!!! いや~ありがたみが増すなぁ。今日も一杯飲んで寝よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギネスビール好き

前にも一度書いたような気がしますが、わたしはギネスビールが好きで、1997年にはアイルランド・ダブリンの工場に隣接してあるビジターセンターまで出かけて飲んできたこともあります。最近は、日本のテレビコマーシャルにもでてくるぐらいですから、缶ビールなら簡単に手に入るようになってきました。スーパーでも売ってますもんね。
guinness妻が缶ビール3本とギネスビールのロゴが入ったグラス1個のセットが近くのスーパーで売られていたのを見つけて、1セット買ってきてくれた。もちろんそのあとで、わたしが3セット追加購入したのは言うまでもない(笑)。
このギネスの缶ビールがとても良くできていて、発泡を促すプラスチック玉が間の中に一個入っているので、パブで飲むようなクリーミーな泡がちゃんとできるんですよ。
わたしゃ悦に入って楽しんでおります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)