2006年11月 2日 (木)

RRPって何?

もうよくご存じの方がいらしたらごめんなさい
最近買った本の値段がこんなふうに書いてあったのに気がつきいた。
(英国にいたときには気がつかなかった ^^;)

£6.99 RRP

6,99英国ポンドだっていうのはわかる。RRPの意味はわかる?

The Compact Oxford English Dictionary によれば

abbreviation Brit. recommended retail price.

ってことだそうで。これで、英国でしか使われない英語であることもわかる。

もうひとつこれからわかることは、6.99ポンドは推奨販売価格であって、それでなくてもいいってこと。確かに Amazon.co.uk では、5.99ポンドで売られていた本だったので、これもやっと納得できた。

何を買ったかはまた今度。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月24日 (土)

ペンギンは”白い頭”?

このブログの読者の方には、ペンギン好きの方がいらしゃいます。ペンギンの語源はご存知かもしれません。でも、ゲール語と英語の単語について調べていたら、面白いことを見つけました。それは、ケルト系言語の一つウェールズ語がペンギンの語源だったという説です。

英語関係辞書を作っているオックスフォードのサイトには次の3つの説がでています。
1)北大西洋に生きていたオオウミガラスにつけた名前が元になっているという説。
  ”pen gwyn ”は、ウェールズ語で白い頭という意味です(コーンウォール語、ブリトン語も同じだとか)。penは頭、gwynは白いで、名詞が前、形容詞が後という順番もウェールズ語の文法通りです。
2)ニューファンドランドで、pin-wing と呼ばれていたという説
  未発達の翼からついた名前らしい。
3)オオウミガラスが太っていたため、ふとっちょ”penguigo”というラテン語が元になったというもの。これは、太っているというラテン語が pinguis で、そこから penguigo がでてきたそうです。

決定的な説はなく、オオウミガラスは、ひたいのところしか白くないため、1)の説を否定している人もいるとか。でも、このサイトでは、ケルト系言語つながりで1)を応援したいと思います。だって、おもしろいじゃん、んで askoxford にもでているし(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月31日 (月)

副詞の that

ちょっと古いけど、試合でゴールを決めた中田英寿選手について、アラーダイス監督のコメントがBBCのサイトに載っていた。そのコメントの最後のほうにこんな文章があった。

"He is not that used to the Premiership but he took up the challenge and produced his quality."

この that は、副詞で「そんなには」ってな意味ですよね?
「彼はプレミアシップにはそんなには慣れていなかったけど、チャレンジしていい仕事をしてくれるようになった」ってなコメントかと思います。
日本ではこのような副詞の意味の that の使い方をあんまり教えてくれないような気がします。ってか、あたしゃうまく使えない。勉強になるわ。

こんなのを知らないのはあたしだけだったらどうしよ、と思いつつ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)